ホーム > くらし > 届出・証明 > 住民基本台帳カード

ここから本文です。

更新日:2017年6月12日

住民基本台帳カード

住民基本台帳カードの交付が平成27年12月28日(月曜日)で終了しました

個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、住民基本台帳カードの交付が12月で終了しました。

  • 住民基本台帳カードの交付終了日:平成27年12月28日(月曜日)

上記日程以降は、住民基本台帳カードを申請された後、交付を受けていない方も交付できなくなりますのでご注意ください。すでに住民基本台帳カードを取得されているかたは、お持ちのカードに記載されている有効期限までご使用いただけます。

また、住民基本台帳カードでe-Taxなどの公的個人認証サービス(電子証明書)をご利用されていたかたは、平成27年12月22日(火曜日)17時で住民基本台帳カード向けの公的個人認証サービス(電子証明書)の交付が終了いたしましたのでご注意ください。すでに電子証明書を取得されているかたは、電子証明書の有効期限までご利用いただけます。

平成28年1月以降はマイナンバーカード(個人番号カード)の交付が開始されます。マイナンバーカード(個人番号カード)と住民基本台帳カードの両方のカードを持つことはできないため、マイナンバーカード(個人番号カード)を取得される場合は、申請もしくは交付時に住民基本台帳カードを返納いただきます。
平成28年1月以降、電子証明書の取得を希望されるかたは、マイナンバーカード(個人番号カード)に搭載される電子証明書を利用していただくことになります。

通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)のページへ

住民基本台帳カードのデザインには2種類あります

カード券面デザインには、「写真付き」と「写真無し」の2種類があります。
写真付きの住民基本台帳カードは、市町村長が交付する公的な身分証明書として使うことができます。

住民基本台帳カード(写真付き)住民基本台帳カード(写真無し)

住民基本台帳カードの有効期限について

【日本国籍住民の方】
カードの作成日から10年間

【外国籍住民の方】
ご自身の在留期間等によって異なります。

  • 〈特別永住者、永住者の方〉
    カード作成日から10年間
  • 〈中長期滞在者の方(永住者以外)〉
    在留期間の満了日まで
  • 〈一時庇護許可者の方、仮滞在許可者の方〉
    上陸期間又は仮滞在期間を経過する日まで
  • 〈出生による経過滞在者の方、国籍喪失による経過滞在者の方〉
    経過滞在期間(出生又は国籍喪失の日から60日)を経過する日まで

(在留期間の変更に伴い、住民基本台帳カードの有効期間が変更になることがありますので、ご注意ください)
(他市に転入された際に継続の手続をしない場合や住民票コードを変更した場合は有効期限内であっても無効になります)

その他

  • 住基カードの不正取得等や運転免許証の偽造を発見した場合は、警察に通報します。
  • 不正取得等をされた住基カードの不正利用を防止するため、電気通信事業者協会を通じて、携帯電話事業者に対しても情報提供を行なう場合があります。

よくあるご質問

  • 電子申請(e-Tax)のために住民基本台帳カードを申請しようと思っています。カードのほかに何が必要ですか?
  • カードを紛失しました。カードを盗難されました。どうしたらいいですか?
  • 暗証番号を変更したいのですが変更できますか?
  • 暗証番号を3回以上間違えて入力したためカードのパスワードロックがかかってしまいました。解除してほしいのですが、できますか?
  • 市内で転居したとき、氏名変更などがあったときは手続が必要ですか?
  • 市外へ引っ越したとき、住基カードを継続して利用することはできますか?

お問い合わせ

市民生活部市民課マイナンバー制度担当

電話番号:0797-38-2070

ファクス番号:0797-38-2156

ページの先頭へ戻る