ホーム > まちづくり > 道路 > 道路の情報 > 愛称道路一覧

ここから本文です。

更新日:2014年11月4日

愛称道路一覧

いつも通る身近な道に愛着が生まれ、また美しいまちづくりに役立ち、訪問者にもわかりやすいようにと、平成11年に市民から愛称を募集。市内に22の愛称道路が誕生しました。

(1)奥池グリーンロード

写真:奥池グリーンロード
芦有道路・奥池ハイランド南進入路から、奥池を経由し、ふたたび芦有道路に出るまでの全長2.51kmの道。閑静な住宅群と整備された緑豊かな街路、四季折々の奥池の自然美。

(2)日の出坂

写真:日の出坂
六麓荘の八十塚橋西から、日の出橋を経由し、西宮市境に至る0.59km。木立の中の豪邸群、昭和初期からライフラインの地下埋設や街路の完全舗装がされていた町並みなど。

(3)山麓線

写真:山麓線
八十塚橋バス停西から芦屋浄水場を経、県道奥山精道線に至る1.85km。山肌に沿うように続く道。山側には学校や公園墓地、南には芦屋の街や大阪湾が一望の下。

 

(4)さくら参道

写真:さくら参道
岩園交番北側の三差路を北西に、朝日ヶ丘を抜け、芦屋霊園前の山麓線に至る0.65km。圧巻なのは、桜の季節。満開の桜が道の両側に続き、見事な桜のトンネルとなる坂道。

(5)岩園並木坂

写真:岩園並木道
岩園保育所北側の交差点から、岩園隧道西詰交差点までの0.62km。ナンキンハゼの並木道。若葉の季節、夏の木漏れ陽の下、晩秋の枯葉の道を散策するのも楽しい。

(6)宮川けやき通り

写真:宮川けやき通り
国道2号の上宮川交差点から宮川沿いに北へ、岩園隧道に至るまでの全長2.0kmの道。見所は、ケヤキの並木道。歩道を歩けば、洒落たカフェやレストランに出会える道。

 

(7)駅前通り

写真:駅前通り
宮川線の上宮川橋交差点から西へ、JR沿いの北側道路を通り芦屋川に至るまでの0.80km。芦屋市の北玄関。駅前にはホテルやデパートほかおしゃれなお店が並んでいる。

(8)稲荷山線

写真:稲荷山線
臨港線の南宮ポンプ前交差点から北へ、国道2号を越え、JRの線路に至るまでの1.21km。稲荷山に続く参道があったといわれる。歴史的遺跡も多く住宅街を抜ける道。

(9)鳴尾御影線

写真:鳴尾御影線
鳴尾御影線の西宮市境から神戸市境に至るまでの2.11km。国道2号と43号に挟まれ、芦屋市を横断する街路樹並木の心地よい道。沿線には洒落たお店が点在している。

 

(10)江尻川若草通り

写真:江尻川若草通り
臨港線の南宮町・大東町境の江尻川緑地との交点を北へ、国道43号までの0.55kmの道。見所は、かつて西国街道まで船が入れたという江尻川。今は、埋め立てられて緑地に変身。

(11)浜風通り

写真:浜風通り
浜風大橋南詰を北へ、入江を右に見つつ海浜公園プール前から臨港線に至る1.43km。キャナルパークや入江に浮かぶヨットやカヌー。海の浜もさわやかな散歩道。

(12)シーサイドプロムナード

写真:シーサイドプロムナード
江尻川若草通りから臨港線を越え南西へ、中央緑道を縦断し芦屋川河口へと至る2.09km。浜風北・中央公園、潮見東・西浜・潮見西公園など、公園に寄り道しつつ緑道を散策。

 

(13)潮風通り

写真:潮風通り
潮風大橋南詰からキャナルパークを越え、深江の入江を左に見つつ、芦屋川河口の臨港線に至る0.84km。ウォーターパークや総合公園を背に、あしや喜樂園を経て続く海沿いの散歩道。

(14)臨港線

写真:臨港線
西宮市境の堀切川から西へ、芦屋公園南詰までの2.00km。道路名は本来江尻川から西を「防潮堤線」という。かつて海と市街地を隔てていた防潮堤が残されている。歴史・文化施設を含んだ散歩道。

(15)芦屋川松風通り

写真:芦屋川松風通り
芦屋川の左岸を河口から北へ、業平橋を経て右岸の河口に至る2.80km。左岸には、テニスコートや松林の美しい芦屋公園。右岸には、洒落た洋館や文学記念館が点在。

 

(16)花水木通り

写真:花水木通り
臨港線の呉川町信号を北へ、国道43号までの0.60km。花水木の花の季節はもとより、通りに沿って流れるせせらぎには鯉などが優雅に泳ぎ、安らぎをかもしている。

(17)宮川地蔵通り

写真:宮川地蔵通り
臨港線・西蔵町の交点から宮川沿いを北へ、国道2号までの1.11km。宮川の植生や、道筋に点在するお地蔵さまのお顔を拝見しながら歩く、心やすらぐ散歩道。

(18)業平さくら通り

写真:業平さくら通り
国道2号・業平橋の東詰から芦屋川に沿って北へ、開森橋を渡り、右岸を南へ業平橋の西詰まで戻る、全長1.59kmの道。桜の名所。また代表的な「芦屋の顔」でもある。

 

(19)芦屋神社道

写真:芦屋神社道
山芦屋交番山側にある参道の標識を右折、灯篭の東側から始まる坂道を起点とした、芦屋神社までの0.49km。振り返れば街が一望の下に。無論、神社も一見の価値あり。

(20)高座の滝道

写真:高座の滝道
開森橋西詰から芦屋川沿いに北へ、九十九折の坂道を登りつめ、高座の滝までの1.41km。閑静な住宅街を抜けると、徐々に大自然の入り口へ誘われていく実感が味わえる。

(21)ライト坂

写真:ライト坂
開森橋東詰から県道を北へ、F.L.ライト設計の旧山邑邸を過ぎ山麓線に至る0.98km。急な坂道を登っていくと、重要文化財指定のヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)と出会える道。

 

(22)モンテベロ通り

写真:モンテベロ通り

海洋町・潮芦屋交流センター北側、市道海洋4号線。平成23年11月にアメリカ・カリフォルニア州モンテベロ市との姉妹都市提携50周年を記念して、命名されました。

 

 

お問い合わせ

都市建設部道路課管理係

電話番号:0797-38-2062

ファクス番号:0797-38-2163

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る