ホーム > まちづくり > 道路 > 道路の情報 > 山手幹線街路事業 > 都市再生整備計画(旧まちづくり交付金事業)

ここから本文です。

更新日:2013年10月15日

都市再生整備計画(旧まちづくり交付金事業) 

事業の目的

本事業は、以前まちづくり交付金事業と呼ばれていましたが、国の制度が変わり、現在は社会資本整備総合交付金事業の中にある一つの事業として位置づけられ、都市再生整備計画事業と名称変更されました。

都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として創設された制度です。

芦屋市においても、平成21年3月17日に都市再生整備計画を作成し、まちづくりを進めています。

都市再生整備計画(月若町周辺地区)の概要

名称: 月若町周辺地区
計画期間: 平成21年度から平成23年度まで
計画面積: 12.0ヘクタール
対象事業

  • 基幹事業
    • (高質空間形成施設)山手幹線地下通路美装化、市道367号線ほか
    • (道路)市道216号線・217号線ほか
  • 提案事業
    • (地域創造支援事業)山手幹線地下通路防犯対策、月若公園リニューアル

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部都市整備課都市整備係

電話番号:0797-38-2074

ファクス番号:0797-38-7974

ページの先頭へ戻る