ホーム > くらし > 人権・平和事業 > 人権 > 上宮川文化センター(隣保館・児童センター)

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

上宮川文化センター(隣保館・児童センター)

上宮川文化センターは、基本的人権尊重の精神に基づき、住民の社会的、経済的及び文化的生活の改善向上並びに同和問題の速やかな解決に資するとともに、児童の健全な育成を図るため、その前身である上宮川会館(昭和38年・1963年設置)の隣保館事業を引き継ぎ、昭和61年(1986年)5月に新たに児童センターを併設した複合施設として設置されました。

外観所在地:芦屋市上宮川町10番5号

電話番号:0797-22-9229

延べ床面積:1,947.974平方メートル

構造・階数:鉄筋コンクリート造・3階建(一部4階)

休館日:日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

 

 

交通アクセス(PDF:29KB)(別ウィンドウが開きます)

利用案内(PDF:275KB)(別ウィンドウが開きます)

上宮川文化センター案内

隣保館とは、社会福祉法第2条第3項第11号で定められた隣保館事業を行なう第2種社会福祉施設です。隣保館設置要綱では、その目的を「地域社会全体の中で福祉の向上や人権啓発の住民交流の拠点となる開かれたコミュニティセンターとして、生活上の各種相談事業や人権課題の解決のための各種事業を総合的に行なうものとする。」としています。

児童センターとは、児童福祉法第40条に定められた児童厚生施設です。児童は人として尊ばれ、心身ともに健やかに育成されるよう、等しくその生活を保護され、愛護されなければなりません。児童センターは、健全な遊びをとおして、その健康を増進し、豊かな情操をはぐくむことを目的に設置されています。

施設のご案内

隣保館事業

基本的人権尊重の精神にもとづく社会福祉事業、市民の人権学習、交流の場として各種事業を行なっています。

社会福祉事業

  1. 生活・福祉・保健衛生・職業・教育・住宅等の相談指導事業
  2. 地域福祉活動を推進する事業

人権啓発事業

  1. 人権啓発に関する各種講座・講演会・展示会等を実施しています。
  2. ヒューマンライツシアターとして映画会等を行なっています。
  3. 人権問題に関わる各種啓発資料を幅広く揃えています。
  4. 人権啓発ビデオを市民・各種団体等に貸出しを行なっています。

(主な事業)

外部リンク

全国隣保館連絡協議会(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

児童センター 

児童センターでは、児童の健全育成を図ることを目的に、乳幼児から小学生を中心とした遊びや体力増進の各種事業及び保護者への子育て支援事業を行なっています。

ご利用案内

~児童センター事業の災害時等の対応について~

幼稚園児・小学生対象事業について(下記参照)芦屋市に大雨・洪水・暴風警報等の発令時や、災害時で休園・休校の場合はお休みになります。また、インフルエンザ等での学級閉鎖、学年閉鎖(幼稚園含む)期間中は本人が感染していなくても下記事業には参加できません。

  • のびっこクラブ
  • スキップクラブ
  • ステップクラブ
  • チャレンジクラブ
  • パソコンクラブ
  • 卓球ひろば
  • バドミントンひろば

幼児登録事業について(下記参照)上記に準じ、朝8時現在で芦屋市に大雨・洪水・暴風警報等発令時や災害の場合は、お休みになります。

  • 親子クラブ
  • こぐまクラブ

当日参加事業について(下記参照)事業開始前に芦屋市に大雨・洪水・暴風警報発令時や災害の場合はお休みになります。

  • グッピーひろば
  • あそびひろば
  • おはなしひろば
  • うさぎひろば

児童センター事業風景

 

のびっこクラブ

のびっこクラブ

 

ジュニアクラブ

ジュニアクラブ

 

親子クラブ

親子クラブ

 

 

こぐまクラブ

こぐまクラブ

 

 
 

児童センターだより

講座・教室の参加については、市内在住者優先です。

平成30年度

子育て関連

上宮川文化センター事業実施状況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上宮川文化センター  

電話番号:0797-22-9229

ファクス番号:0797-22-1659

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る