ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチンについて

ここから本文です。

更新日:2017年4月4日

子宮頸がん予防ワクチンについて

  • 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年6月14日厚生労働省から「積極的勧奨を差し控える」と勧告されました。接種を希望される場合は、ワクチンの有効性・安全性について医療機関で説明を受け、理解した上で接種してください。(参照:子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨を見合わせます

実施・受付時間・実施場所(個別接種)

平成29年度芦屋市予防接種実施医療機関(PDF:48KB)(別ウィンドウが開きます)に直接お問い合わせください。(問診票は各実施医療機関に備えています。)

対象年齢・回数

接種対象者(平成29年度):平成13年4月2日から平成18年4月1日生まれ

(接種時に小学校6年生~高校1年生相当の方)

  • サーバリックス(2価ワクチン)

1か月の間隔をおいて2回行なった後、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回行なう。

ただし、やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回行なった後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて1回行なう。

サーバリックス説明書(PDF:83KB)(別ウィンドウが開きます)

  • ガーダシル(4価ワクチン)

2か月の間隔をおいて2回行なった後、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回行なう。

ただし、やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回行なった後、初回2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて1回行なう。

ガーダシル説明書(PDF:816KB)(別ウィンドウが開きます)

費用・持ち物

  • 費用:無料
  • 母子健康手帳

備考

  • 市外で受ける場合は手続きが必要です。保健センターまでお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

ページの先頭へ戻る