ここから本文です。

更新日:2014年12月9日

景観ガイドライン1~3

1.眺望2.意匠3.緑化

 1.眺望

六甲山系への眺望や海への眺望を妨げないように位置・規模に配慮する

妨げない建物イメージ
長大な建築物で山並を分断せず、ビスタを確保する

芦屋浜建物写真
芦屋浜

 2.意匠

屋根

勾配屋根とし、周辺環境との調和・ 連続性に配慮する

朝日ヶ丘の屋根
朝日ヶ丘
すっきりとした屋根形態としています

壁面

樋・給排水管・ダクト等は外壁面に 露出させないように工夫する

朝日ヶ丘の樋
朝日ヶ丘
樋を壁面と同じ色調とし、目立たなくしています

 3.緑化

  • 敷地内には、低・中・高木を適切に配置するなど、緑化に努める 
  • 敷地周辺を生垣とするなど接道部分の緑化に努め、緑ゆたかなうるおいのある景観形成に努める

緑化イメージ
敷地をセットバックして緑化をしています

緑ゆたかな住宅例
緑ゆたかな住宅地 芦屋川沿い

お問い合わせ

都市建設部都市計画課まちづくり係

電話番号:0797-38-2109

ファクス番号:0797-38-2164

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る