ここから本文です。

更新日:2016年4月30日

富田砕花旧居

耐震改修工事を完了し、平成28年5月1日にリニューアルオープンします

 

富田砕花旧居は、このたび耐震改修工事が完了し、平成28年5月1日(日曜日)からリニューアルオープンします。

  • 開館日:日曜日及び水曜日。ただし、年末年始(12月25日~1月4日)、8月13日~19日を除く。
  • 開館時間:午前10時~午後4時(入館は午後3時まで)
  • 内容:「兵庫県文化の父」といわれる詩人富田砕花の原稿や書簡等を展示。また、砕花以前には文豪谷崎潤一郎も居住した、文学の名所でもあります。
  • 観覧料:無料

富田砕花旧居

 

耐震改修工事に伴う休館についてのお知らせ

富田砕花旧居は、耐震改修工事のため、平成27年12月1日から平成28年4月30日までの間、休館させていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

富田砕花旧居について

“兵庫県文化の父”といわれた詩人・富田砕花の業績をしのび、貴重な遺品や原稿・書簡・民俗資料な

どの一部を、パネル写真とともに展示しています。

旧居は、かつて谷崎潤一郎も居住したゆかりの地として、往時の面影を伝えています。

 

  • 富田砕花のプロフィールについては、下記をご覧ください。

     

所在地等

 

旧居外観図


砕花旧居外観(芦屋市宮川町)

旧居平面図

  • 所在地:芦屋市宮川町4番12号
  • 敷地面積:333.88平方メートル
  • 建物:木造平屋建88.67平方メートル(母屋・展示室・管理人室)
  • アクセス:阪神打出駅から西へ徒歩約5分

開館日・開館時間

  • 開館日…日曜日及び水曜日ただし、年末年始(12月25日~1月4日)、8月13日~19日を除く
  • 開館時間…午前10時~午後4時(入館は午後3時まで)
  • 入館料…無料
  • 展示物については、毎年2回(4月・10月)入れ替えています。

富田砕花プロフィール

富田砕花詩人富田砕花は、明治23年(1890)11月15日、岩手県盛岡市に生まれた。本名戒治郎。上京し、18歳で与謝野鉄幹、晶子主宰の新詩社に参加。筆名砕花で「明星」に短歌を発表した。

石川啄木に思想的な影響を受け、明治45年(1912)5月、啄木の死を悼み、歌誌「曠野」に「民衆の中に行く」"GoingToPeople”というエッセイを発表している。歌集「悲しき愛」を大正元年(1912)に出版、その前後からカーペンター、トロウベル、ホイットマンを日本に紹介。訳詩集カーペンター「民主主義の方へ」(大正5年)、訳詩集ホイットマン「草の葉」(大正8年)、エッセイ「解放の芸術」(大正11年)等を出版した。

福田正夫主宰の詩誌「民衆」トロウベル号には、英文のエッセイを発表。福田正夫・白鳥省吾・百田宗治らとともに民衆誌派の詩人と目された。

民衆誌派は、ホイットマンのデモクラシー精神を受け、平明な言葉で市井人・農民・土などをとりあげて、従来の詩の領域をひろげた。富田砕花の詩はストイックな求道者の趣きがあり、表現は精緻である。

大正のはじめ、病気治療のため芦屋に転地。田島マチを知り大正9年(1920)に結婚。以後芦屋に定住した。

詩作のかたわら全国各地を旅し、また多くの校歌、市町歌を作詞した。その多彩な業績から"兵庫県文化の父"ともよばれた。昭和23年(1948)第一回兵庫県文化賞を受賞。

著作は上記のほか、詩集「末日頌」(大正4年)、「地の子」(大正8年)、「「時代」の手」(大正11年)、「登高行」(大正13年)、「手招く者」(大正15年)、「歌風土記兵庫県」(昭和25年)、「ひこばえのうた」(昭和45年)、「兵庫讃歌」(昭和46年)、「視差錯落」(昭和50年)などがある。昭和59年(1984)10月17日93歳で長逝後、すべての蔵書、遺品類が芦屋に寄贈されたのを機に「富田砕花顕彰会」が発足し、資料の整理を進めてきている。

(「富田砕花資料目録」第1集、書簡・はがき類<1990.3刊>、第2集、雑誌類<1992.3刊>、第3集、原稿類<1994.3刊>、第4集、書籍類<1997.3刊>)昭和63年(1988)「富田砕花全詩集」が刊行され、「民衆の中に行く」当時と変わらない富田砕花の詩精神がようやく全貌を見せた。

(1)富田砕花年譜(PDF:34KB)(別ウィンドウが開きます)(2)校歌作詞一覧(PDF:57KB)(別ウィンドウが開きます)(3)市町歌・社歌・民謡ほか作詞一覧(PDF:128KB)(別ウィンドウが開きます)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育部生涯学習課文化財係

電話番号:0797-38-2115

ファクス番号:0797-38-2072

ページの先頭へ戻る