ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠 > 妊娠がわかったら > 母子健康手帳交付(妊娠届出)

ここから本文です。

更新日:2016年10月12日

母子健康手帳交付(妊娠届出)

妊娠したら保健センターに妊娠届出書(妊娠届出書は、保健センターに備えています。)を提出し、母子健康手帳の交付を受けてください。この手帳は、妊娠・出産及び乳幼児の育児に関する一貫した健康記録として大切です。健康診査のときや産科や小児科での診察、予防接種、保健指導などを受けるときは、必ず持って行き、必要に応じて書き入れてもらいましょう。また、お母さん自身とお子さんの健康状態、健診結果などの覚え書きとしても利用してください。

平成28年1月以降は、マイナンバーの利用開始に伴い、申請書に妊婦本人のマイナンバーをご記入いただきます。ご記入の際に、成りすまし防止のためマイナンバーの確認と本人確認をさせていただきます。

場所と日時

芦屋市保健センター(健康課)

受付時間は、平日月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時30分までです。

内容

窓口で母子健康手帳交付申請(妊娠届出)書(妊婦の住所、氏名、年齢、分娩予定日、妊娠週数等)のご記入後、母子健康手帳、家庭教育手帳、マタニティストラップなどをお渡しし、妊婦健康診査費助成事業等のご案内をします。

 

マタニティーマークの利用について

マタニティーマークは、妊産婦にやさしい環境づくりの一環として、厚生労働省が発表しました。妊婦が交通機関などを利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。マタニティマークは、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)からダウンロードし、自由に利用できます。

対象

芦屋市内に住民票のある妊婦のかた。
海外在住で、住民票がない場合、実家の住所地で交付が可能です。

申請のときに必要なもの

妊婦本人のマイナンバー記載に必要な書類(個人番号の記入が必要な手続参照)

また、届出の際、妊娠届出書の出産予定日、診断を受けた医療機関・助産所名を記入していただきますので、わかるようにしておいてください。

市販の妊娠判定薬で、妊娠の判定が(+)になった時は、母子健康手帳の交付を受ける前に早めに医師や助産師の診断を受けましょう。

詳しくは、保健センターへお問い合わせください。

 



 

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

※お電話の際は電話番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願い致します。

ページの先頭へ戻る