ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校教育部 > 芦屋市立中学生海外派遣事業

ここから本文です。

更新日:2021年1月8日

芦屋市立中学生海外派遣事業

芦屋市立中学生海外派遣事業について

これからのグローバル社会を担う中学生を、本市の代表としてアメリカ合衆国モンテベロ市(姉妹都市)に派遣し、現地の人々との交流や互いの国の文化や歴史などを交流する体験を通して、豊かな国際感覚を養うなど、国際化社会の先頭に立って活躍する人材育成を目的として平成28年度より実施しています。

また、中学生派遣を通じて、本市とモンテベロ市とのさらなる相互交流を目指しています。

現地での様子

令和2年度

新型コロナウィルス感染拡大のため事業中止

令和元年度

令和元年7月30日(火曜日)から8月9日(金曜日)までの11日間派遣実施しました。ホストファミリーとの交流や現地英語研修、市庁舎訪問、日系博物館見学などのプログラムを体験しました。帰国後は各小学校で帰国報告会を実施しました。

R01-1-2 R01-2-2 R01-3-2

平成30年度

H30-1-2 H30-2-2

お問い合わせ

教育委員会学校教育部学校教育課

電話番号:0797-38-2087

ファクス番号:0797-38-2089

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る