ホーム > くらし > 国際交流 > Living Information for Foreign Residents in Ashiya / 外国人のための生活情報 > Take precautions for boars, raccoons, and yellow hornets/ イノシシ、アライグマ、スズメバチに注意してください

ここから本文です。

更新日:2018年12月27日

Take precautions for boars, raccoons, and yellow hornets/ イノシシ、アライグマ、スズメバチに注意してください

Pay attention when going outdoors! / 出かけるときには注意してください

Inquiries: Regional Economy Promotion Section
問い合わせ:地域経済振興課
0797-38-2033

Do not feed boars!

Feeding boars may lead them to come into urban areas and gardens of the residents. They may eat garbage, attack pet dogs and bite people carrying plastic shopping bags. Make sure to take out garbage at designated times and places. Boars are quiet animals and very rarely attack other animals. Beware when they are accompanied by young boars or wounded, though. If they face or seem to approach you, do not run away, just wave your arms to drive them away.

イノシシに食べ物をあげないで!

イノシシは、食べ物をあげると、街中や家の庭に来て、生ごみを食べたり、飼っている犬をおそったり、レジ袋を持っている人を噛んだりします。ごみは、決められた時間に決められた場所に出しましょう。イノシシはおとなしい動物で、自分から他の動物をおそうことはほとんどありませんが、子どもと一緒にいる母親のイノシシや、けがをしたイノシシには注意してください。逃げずに大きく手を振って、追いはらってください。

Boar/イノシシ

When spotting a raccoon (Araiguma)

Tell your local community association to call the Regional Economy Promotion Section. An elimination/extermination team of the Hunting Public Service Association will be dispatched after some required legal proceedings. *Even if they are harmful, there is a fine for capturing birds and animals without permission.

Raccoons are active at night and have a very rough nature. When you spot one keep away from it. Please cooperate by
“not feeding raccoons, not littering with pet food or leftovers, and disposing of garbage at collection points and at designated times”.

アライグマを見つけたとき

自治会長へ連絡して、地域経済振興課に相談してください。猟友会駆除班が追いはらいますが、手続きがあるので、追いはらうまでに時間がかかります。危ない動物や鳥であっても、勝手に捕まえたり処分することは罪になります。アライグマは夜間に活動し昼間は休む動物です。近寄ると危ない動物です。見かけても近寄らないでください。

次のことを守りましょう。
アライグマに食べ物をあげない。家の外にペットの食べ物や食べ残しを置かない。ごみは、決められた時間に決められた場所に出す。

Raccoon/アライグマ

Yellow Hornets

Hornets, honeybees and other communal bees are sensitive to the color black and to moving things, and react instinctively and aggressively to defend themselves. They are believed to breed more easily at the beginning of spring when there is little rain. Hornets may also more likely to attack people talking loudly and moving near their hives in September and October.

How to prevent getting stung by hornets

  1. When hiking in the fields or mountains, minimize your exposure, wear a light-colored long-sleeved shirt, a hat and
    gloves, and avoid black clothing, which attracts bees.
  2. Keep in mind that bees are highly sensitive to the smell of perfume and hairdressing products.
  3. Avoid arousing a bee hive. Get away as quickly as possible.
  4. When exposed to bees, swatting them may cause them to sting.
  5. Crouch down not to attract attention (bees will lose sight of you and you won’t get stung).
  6. When you find bees indoors or inside a car, wait until they get out. Bees tend to move towards bright spots, so if you leave them undisturbed they will usually go out. Avoid swatting or chasing them.
  7. If you end up getting stung, immediately cool the area of sting and look for medical help.

スズメバチに注意しましょう

スズメバチやミツバチは、黒い動くものに攻撃する性質があります。

春のはじめに雨が少ない年はハチが増えやすいです。また、スズメバチは9月から10月の巣を作る時期に、巣の近くを集団で通ると攻撃してくることがあります。

スズメバチにおそわれないためには

  1. 山をハイキングするときは長い袖の白い服を着て、帽子をかぶり、手袋をしましょう。
  2. 香水や整髪料の臭いに反応するので注意する。
  3. 巣を刺激しない。できるだけ速く、巣から離れる。
  4. ハチを振りはらわない。(飛んできたハチを手ではらうと、ハチは攻撃されたと判断します。)
  5. 姿勢を低くする。(相手がどこにいるか、わからなくなり、おそって来ない。)
  6. 部屋や車のなかにハチが入ったときは、窓を開けてハチが外に出て行くのを待つ。ハチは明るい方向に向かう性質があります。そっとしておけば、出て行きます。たたいたり追い掛け回さないようにしてください。
  7. ハチに刺されたときは、刺された場所を冷やし、すぐに病院に行ってください。

Yellow Hornets/スズメバチ

お問い合わせ

企画部広報国際交流課国際交流係

電話番号:0797-38-2008

ファクス番号:0797-38-2152

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

Inquiries
Planning Department
Public Relations and International Exchange Section
International Exchange Subsection
Phone 0797-38-2008
FAX 0797-38-2152

ページの先頭へ戻る