ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 救急医療情報キット

ここから本文です。

更新日:2016年5月10日

救急医療情報キット

「救急医療情報キット」の普及に取り組みます。

“高齢者や障がいのあるかた、健康上の不安を感じているかたなど万一に備えたい人のために

  救急医療の現場では、患者さんの正確な医療情報が救命の重要なポイントとなります。「救急医療情報キット」は、万が一の災害や急病に備え、医療情報を記入した用紙を筒状の容器に入れ、ご家庭にある冷蔵庫に収納し、救急医療に役立てるためのものです。「だれもがすみなれた地域で安心して暮らせるまち」を目指し、自治会や管理組合など地域のネットワークを活用して普及に取り組みます。

  • 対象者:市内にお住まいの65歳以上ひとり暮らし世帯、又は高齢者世帯、障がい者のいらっしゃる世帯、健康上の不安を感じているかたを含む世帯等

  • 負担金:100円(一世帯あたり1個、皆さまから頂戴しました負担金は、平成28年(2016年)熊本地震の義援金として寄付します。 )
  • 申込み:お住まいの地域の自治会やマンション管理組合等、団体単位で下記までお申し込みください。
  • 申込み先:芦屋市社会福祉協議会 電話32-7530

「救急医療情報キット」はどんなもの?どうやって使うの?

救急医療情報キット

筒の中には、中紙と医療情報を記入する用紙(白紙2枚)とシール2枚が入っています。

  1. 1.ひとり1枚づつ、医療情報を用紙に記入し、どなたの情報か分かるように、顔写真を貼り付けます。

2.保険証診察券、常用しているお薬の情報などのコピーと医療情報を記入した用紙を筒の中に入れます。

3.筒を冷蔵庫の中に入れます。

4.救急医療情報キットが冷蔵庫に入っていることを示すため、冷蔵庫のドアと玄関ドアの内側シールを貼り付けます。

お問い合わせ

福祉部高齢介護課高齢福祉係

電話番号:0797-38-2044

ファクス番号:0797-38-2060

お問い合わせ:社会福祉協議会(保健福祉センター内1階)32-7530

ページの先頭へ戻る