ホーム > まちづくり > 上下水道 > 下水道事業 > もっと知って下水道

ここから本文です。

更新日:2014年3月18日

もっと知って下水道

下水道の役割

下水道が整備されるとトイレが水洗化になりいやな臭いがなくなります。
汚れた水は下水道管を通って下水処理場へ流れるので、害虫の発生や伝染病を防ぎます。下水処理場では、汚れた水をきれいにしてから海へ返しているので自然が守られます。
また、下水道には雨による浸水を防ぐ役割もあります。

下水道に流してはいけないもの

この様に生活に役立つ下水道ですが守らなければならないことがあります。
まず、台所やトイレからゴミや油を流してはいけません。下水道管を詰まらせる原因です。また、ガソリンやシンナーなどの有害な物質は下水道管の中で爆発する危険や、その上、下水処理場できれいにするのも大変です。

下水道に流してはいけないもの

決まりを守り、下水道を正しく使うことにより町は美しく住みやすくなり、海や川はきれいになります。
ちゃんと水洗トイレ用の紙を使う。自然に優しい洗たく洗剤を使う。髪の毛を下水道に流さない。雨水マスに落ち葉やごみを捨てない。といったことも、是非心がけましょう。

【用語解説】

  • pH:水素イオン濃度
    数値が7のときを中性、これより高い場合をアルカリ性、低い場合を酸性といいます。
    薬品など水以外のものを流すとアルカリ性や酸性となります。
  • SS:浮遊物質
    水中に浮遊している微細な固形物量。この数値が小さいほど水が澄んで見えます。
    ゴミや砂など水に溶けないものを流すと数値が上がります。
  • BOD:生物化学的酸素要求量
    水中の微生物により消費される酸素量。この数値が小さいほどきれいな水です。
    油など水以外のものを流すと数値が上がります。
  • 大腸菌群数
    大腸菌は人畜の糞便や土壌に生息。消毒の効果を判定します。
    この数値が小さいほど雑菌の少ない水です。
  • 標準活性汚泥法
    微生物の力によって汚れを分解し水をきれいにする方法です。
  • 凝集剤併用型(循環式硝化脱窒法と急速ろ過法)高度処理
    標準活性汚泥法よりさらに水をきれいにする方法。赤潮の原因となる窒素やリンを処理しています。

お問い合わせ

上下水道部下水道課 

電話番号:0797-38-2064

ファクス番号:0797-38-7307

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る