ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 新型コロナウイルス感染症関連情報(社会福祉施設・事業所向け) > 新型コロナウイルス感染症(介護・障がい)事業者向け支援策

ここから本文です。

更新日:2021年9月17日

新型コロナウイルス感染症(介護・障がい)事業者向け支援策

新型コロナウイルス感染症に係る対応をしていただいた介護サービス事業所・障がい福祉サービス事業所等に対し、支援策を実施します。

支援が必要な在宅高齢者・障がい者(児)に対するフォローアップ体制強化事業

在宅高齢者又は障がい者(児)が新型コロナウイルス感染症に感染し、入院するまでの自宅療養期間中に、支援が必要となった場合、訪問による当該高齢者等に必要なサービスを提供した事業所に協力金を支払います。※事前に市と業務委託を締結していただきます。

対象事業所

●介護(障がい)サービス事業所等

訪問看護事業所、訪問介護事業所等

※該当する事業所については、別途市から連絡いたします

支援対象者

65歳以上の高齢者については、要介護認定を受けていない人

障がい者(児)については、障害支援区分認定を受けていない人

※障がい福祉サービス事業所の認可を受けていない介護保険事業所が障がい者(児)の支援を行なうなど、事業所として認可を受けていない事業の対象者に支援を行っていただいた場合も、協力金の対象になります。

※要介護認定、障害支援区分を受けている高齢者・障がい者(児)への支援に係る協力金の請求は、兵庫県が申請先となります。

協力金の額(1日当たり単価)

●介護サービス事業所

  • 訪問介護サービス 38,000円
  • 居宅介護支援 43,000円
  • 訪問看護事業所 52,000円

●障がい福祉サービス等事業所

  • 訪問系サービス 76,000円
  • 相談系サービス 36,000円
  • 訪問看護事業所 52,000円

濃厚接触者等または感染者の介護保険(障がい)サービス等提供継続支援助成事業

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者等または感染者に該当された方に対して、ホームヘルプ・訪問看護、ショートステイ等のサービスを提供した介護保険サービス事業所等に対して、ヘルパーの派遣調整・サービスに直接従事する職員への手当を支給することを目的として助成金を支給します。

対象事業所

濃厚接触者等または感染者に該当した、芦屋市の介護保険被保険者及び障がいのある人・障がいのある児童に対して、支給対象期間中にサービスを提供している事業者、市が実施する在宅高齢者・障がい者(児)フォローアップ体制強化事業を提供している事業者及びその他市長が特に認めた者。

※対象となるサービスは「濃厚接触者等または感染者の介護保険(障がい)サービス等提供継続支援助成の支給に関する手引き」を参照してください。

支給対象期間(令和3年4月1日以降に提供したサービスが対象)

(1)濃厚接触者等へのサービス提供の場合:感染者の感染可能期間に曝露した日以降、最終曝露日の翌日から起算して14日を経過する日まで
(2)感染者へのサービス提供の場合:感染者が発症した日(無症状者においては検体採取日)から10日間(症状が軽快しない場合においては、10日目以降症状軽快後72時間経過するまでの期間)のうち入院する日まで
※ただし、(1)(2)ともに当該事由を介護保険サービス事業所等が認識し、ガウンやゴーグルを着用するなど、十分な感染防止対策を講じたうえで、サービス提供を開始した日以降の期間が対象です。なお、市長が必要と認める場合は、この限りではありません。

支給額

濃厚接触者等1人に対して接触を伴うサービスを提供した日、1日につき利用者が濃厚接触者等の場合は3,000円、感染者の場合は10,000円。

支給までの流れ

1.申請書および関係書類を郵送にて各担当課に提出。(介護保険事業者は高齢介護課。障がい福祉サービス事業者は障がい福祉課)

2.市役所担当課にて申請書類を審査。支給・不支給を決定し、支給決定通知書または却下決定通知書を申請者へ郵送。

3.支給の場合は申請書記載の口座に入金します。

留意事項

本助成金は、ヘルパーの派遣調整と従事者への手当で構成されています。支給を受けた助成金額の6割以上を従事者手当として配分していただきますようお願いします。

申請方法

助成金の支給を希望される事業者は、下記のとおり申請してください。様式については下記関連情報よりダウンロードしてください。詳しい申請方法については、「手引き」をご覧ください。

手引き(PDF:164KB)(別ウィンドウが開きます)

提出書類

●介護保険事業者

  • 申請書(様式第1号)
  • 該当月におけるサービス提供の記録の写し
  • 居宅サービス計画書(第1表及び第6表)の写し
  • 濃厚接触者等確認書(別紙1)または感染者確認書(別紙2)

●障がい福祉事業者

  • 申請書(様式第1号)
  • 該当月におけるサービス提供の記録の写し
  • サービス等利用計画の写し
  • 濃厚接触者等確認書(別紙1)または感染者確認書(別紙2)

申請受付期間

令和4年3月31日(木曜日)まで【予定】(令和4年3月31日の消印有効)

申請書提出先

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、申請書及び添付書類については下記提出先まで郵送にて送付してください。

  • 提出先

〒659-8501

兵庫県芦屋市精道町7番6号

芦屋市役所 福祉部 高齢介護課 介護保険事業係

      福祉部 障がい福祉課 障がい福祉サービス係

関連情報

濃厚接触者等に対する介護保険サービス等提供事業所協力支援助成事業

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者等に該当した高齢者及び障がい者・児(以下「濃厚接触者等)といいます。)が、現在利用している介護保険サービス事業所等を継続して利用できない場合に、日常生活に必要な介護保険サービス等を維持するため、やむを得ず代替サービスの提供を行なった介護保険サービス等を提供した事業所等(以下「代替介護保険サービス事業所等」といいます。)におけるサービス提供従事者のうち、支援をした濃厚接触者等がサービス提供後に新型コロナウイルスに感染し、保健所からサービス提供従事者が濃厚接触者と特定されたことを受け、当該サービス提供従事者が今後予定していたサービス提供ができなくなること等による代替介護保険サービス事業所等の減収分に対し、助成金を支給することにより、代替介護保険サービス事業所等の事業の継続の支援を図ることを目的として実施します。

対象事業所

濃厚接触者等に該当した芦屋市の介護保険被保険者及び障がいのある人・障がいのある児童に対してサービスを提供している事業者

※対象となるサービスは「濃厚接触者等に対する介護保険サービス等提供事業所協力支援助成の支給に関する手引き」を参照してください。

支給対象期間

介護保険サービス等提供従事者が保健所から濃厚接触者と特定された日の翌日から起算して14日までの間

支給額

濃厚接触者に特定された介護保険サービス等提供従事者が支給対象期間内に従事予定であった日、1日につき10,000円

支給までの流れ

1.申請書および関係書類を郵送にて各担当課に提出。(介護保険事業者は高齢介護課。障がい福祉サービス事業者は障がい福祉課)

2.市役所担当課にて申請書類を審査。支給・不支給を決定し、支給決定通知書または却下決定通知書を申請者へ郵送。

3.支給の場合は申請書記載の口座に入金します。

申請方法

助成金の支給を希望される事業者は、下記のとおり申請してください。様式については下記関連情報よりダウンロードしてください。詳しい申請方法については、「手引き」をご覧ください。

手引き(PDF:1,044KB)(別ウィンドウが開きます)

提出書類

申請書(様式第1号)

サービスを提供した該当月のサービス提供の記録の写し

サービス提供従事者の勤務予定表の写し

濃厚接触者等確認書(別紙1)

申請受付期間

令和4年3月31日(木曜日)まで【予定】(令和4年3月31日の消印有効)

申請書提出先

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、申請書及び添付書類については下記提出先まで郵送にて送付してください。

  • 提出先

〒659-8501

兵庫県芦屋市精道町7番6号

芦屋市役所 福祉部 高齢介護課 介護保険事業係

      福祉部 障がい福祉課 障がい福祉サービス係

関連情報

ページトップへ

お問い合わせ

福祉部高齢介護課介護保険事業係

電話番号:0797-38-2024

ファクス番号:0797-38-2060

福祉部障がい福祉課障がい福祉サービス係

電話番号:0797-38-2043

ファクス番号:0797-38-2178

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る