ここから本文です。

更新日:2017年10月27日

B型肝炎予防接種

B型肝炎ワクチンは、平成28年10月から、平成28年4月1日以降生まれた乳児に対する定期予防接種が実施されています。

B型肝炎のワクチンを接種するにあたり保護者の方に知っていただきたいこと(PDF:1,155KB)(別ウィンドウが開きます)

実施日・受付時間・実施場所(個別接種)

平成29年度芦屋市予防接種実施医療機関(PDF:50KB)(別ウィンドウが開きます)に直接お問い合わせ下さい。(問診票は各実施医療機関に備えています。)

対象年齢・回数

  • 対象年齢:生後1歳に至るまでの方。

HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部又は一部を受けた方については定期の予防接種の対象者から除きます。

標準的な接種期間は、生後2か月に至った時から生後9か月に至るまで、となっています。

  • 接種回数:3回

接種方法はHBワクチンを、27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の注射から139日以上の間隔をおいて1回(3回目)を接種します。

費用・持ち物

  • 費用:無料
  • 持ち物:母子健康手帳
  • あらかじめ電話等で、かかりつけ医等と接種日・接種時間をよくご相談してください。
  • 検温は当日の朝、自宅で必ずおこない、お子さんの健康状態を確認してください。そして、医療機関に母子健康手帳を持参して接種を受けてください。
  • 接種を受けるお子さんの健康状態を十分に把握している保護者が必ず付き添ってください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

ページの先頭へ戻る