ここから本文です。

更新日:2017年2月28日

食育の取り組み

「食」は命の源であり、私たちの生活の基本となり、日場生活のあらゆる場面において、重要な役割を担っています。市民が心身の健康を確保し、生涯にわたっていきいきと暮らすためには、「食」の充実が大変重要です。しかしながら、近年では不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、食の安全への不安など、「食」を取り巻く様々な問題が生じています。そこで、あらためて「食」のあり方を方向づけた「食育基本法」が平成17年6月に成立しました。

「食育基本法」の中では、「食育」を次のように位置づけています。

1.生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基本となるべきもの

2.様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

震災を経験した本市として、全ての市民がどのような状況に遭遇しても健全な食生活が営めるようにすることが必要です。

芦屋市では平成21年7月「芦屋市健康増進・食育推進計画(第1次計画)」を策定し、健康と食育の分野の取組を相互に推進してきました。この第1次計画での取り組みを継承しつつ、平成25年7月「第2次芦屋市健康増進・食育推進計画」を策定しました。

食は健康の基本です。「健康を維持する食習慣の確立と実践」「食文化の継承」「食品に関する正しい知識の普及」「食育推進の取組」を4つの柱としてすべてのライフステージに向け、関係機関・団体等と連携及び協働を図りながら、食育を推進していきます。

妊娠期

乳幼児期

学童期

  • 学校給食展

成人期

  • 食事Goodバランスアップ教室

食育に関するイベント

平成28年7月23日(土曜日)保健福祉センターにおいて”第7回あしや健康福祉フェア”が実施食育推進コーナーH28されました。

3階の会議室2の食育推進・栄養相談コーナーでは、”野菜を食べよう!GO!GO!5皿!!を合言葉に、食育関係団体と協力し、野菜に関するクイズやゲーム、野菜レシピの配布、試食などを行ない楽しい催しとなりました。総来所者数は約300名と大変多くの方に来ていただきました。

  • 野菜ゲームコーナー

野菜計量ゲーム【野菜350gあてゲーム】(芦屋栄養士会)

実際の野菜を使い、1日の野菜のめやす量である350gがどのくらいなのかを計って体験するゲームコーナでした。

一番人気のコーナーとなりました。

 

野菜カルタH28

【野菜カルタ】

スタッフが出題するクイズに対してカルタで正解を選ぶクイズです。

小さいお子さんに人気のコーナとなりました。

 

栄養素クイズH28栄養素クイズ】

「ビタミンCが多く含まれる順に野菜を並べよう!」など、栄養素が多く含まれる

野菜を順にならべるクイズです。知っているようで意外と知らない栄養素の豊富な

野菜を知るきっかけになったようです。

 

【お野菜顔はめパネル】顔はめパネルH28

クイズやゲームの合間に、思い出づくりにも野菜を一緒に感じてもらえるように、

楽しい顔はめパネルを用意。写真撮影を楽しむ方が多くいらっしゃいました。

 

 

  • 栄養相談コーナー(芦屋栄養士会)

栄養相談H28

芦屋栄養士会会員の栄養士による栄養相談コーナーが設けられました。

日ごろのお食事の栄養についてじっくり相談される方が多かったようです。

小学生のお子さんも自分の食事を相談する方もいらっしゃいました。

 

  •  野菜レシピ配布(芦屋栄養士会その他)野菜レシピ配布

各団体のおすすめ簡単野菜レシピを配布しました。野菜レシピの人気は高く、

持ち帰る方が多くいらっしゃいました。

 

 

  • 野菜メニュー試食コーナー(芦屋いずみ会)

この日の試食メニューは、

  • ブロッコリーのポタージュ
  • カレーピラフ
  • 豆いりヨーグルト蒸しパン

毎年大好評で、試食はあっという間になくなりました!!

<リンク>

ひょうごの食育(兵庫県)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

食育ガイド(内閣府)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

 

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

※お電話の際は電話番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願い致します。

ページの先頭へ戻る