ここから本文です。

更新日:2021年3月3日

請求方法

公文書公開の請求は、文書法制課文書統計係(以下、窓口といいます。)において受け付けています。

また、情報公開に関するご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

トップページに戻る

請求書様式

先頭に戻る

トップページに戻る

窓口で直接請求される場合

  1. 窓口において、請求される公文書の内容や名称をお聞きし、公文書と公文書の所管課を特定します。
  2. 公文書と公文書の所管課を特定した後、所定の請求書に氏名、住所、請求する公文書の件名又は名称等の必要事項をご記入いただきます。
  3. 手数料が必要な場合があります。
    手数料の額等については、「手数料について」の項目をご参照ください。
  4. ご記入いただいた請求書の写しを1部お渡しします。

先頭に戻る

トップページに戻る

郵送又はファクシミリで請求される場合

  1. 所定の請求書に氏名住所請求する公文書の件名又は名称等の必要事項をご記入いただき、総務部文書法制課文書統計係まで送付してください。
    なお、請求書に記載のある事項が記入されていれば、所定の請求書でなくても請求できます。
    (宛先) 〒659-8501 兵庫県芦屋市精道町7番6号 ファクス番号:0797-38-8691 芦屋市役所文書法制課文書統計係
  2. 手数料・送料が必要な場合があります。
    手数料の額等については、「手数料について」の項目をご参照ください。
  3. 窓口に到達した請求書を所管課が確認し、所管課から受付確認として、請求書の写し等を送付します。
    また、請求書の内容について問い合わせすることがあります。

先頭に戻る

トップページに戻る

手数料について

公文書公開の請求には手数料が必要です。また、手数料は公文書1件につき発生します。

直接窓口で請求される場合は、請求時に窓口でお支払いください。

郵送又はファクシミリで請求される場合は、公開請求時に必要な額を郵便小為替又は現金書留で窓口までお送りください。

 

区分

手数料

1

市内に住所を有する方

無料

2

市内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体

無料

3

市内の事務所又は事業所に勤務する方

無料

4

市内の学校に在学する方

無料

5

会社等の団体が公開請求する場合

1,000円

6

会社に勤務する方が、法人の業務の執行のため公開請求する場合

1,000円

7

1~6のいずれにも該当しない方

300円

  • 手数料は前納していただく必要があります。納付がない場合には条例第6条第2項「公開請求書に形式上の不備がある」に該当します。
  • 手数料は、公開請求に係る手数料であるため、結果として非公開となった場合でも返還しません。

先頭に戻る

トップページに戻る

交付に要する費用について

公文書の種別

公開の実施方法

交付に要する費用の額等

1 文書又は図画(2の項に該当するものを除く。)

ア 閲覧

無料

イ 用紙に複写したものの交付(日本産業規格A列3番(以下「A3判」という。)まで)

白黒のものは、用紙1枚につき10円

カラーのものは、用紙1枚につき50円

ウ 用紙に複写したものの交付(A3判を超えるもの) 実費相当額

2 写真フィルム

ア 当該写真フィルムを印画紙に印画したものの閲覧

無料

イ 当該写真フィルムを印画紙に印画したものを複写機により複写したものの交付(A3判まで)

白黒のものは、用紙1枚につき10円

カラーのものは、用紙1枚につき50円

ウ 当該写真フィルムを印画紙に印画したものを複写機により複写したものの交付(A3判を超えるもの) 実費相当額

3 録音テープ

ア 専用機器により再生したものの聴取

無料

イ 録音カセットテープに複写したものの交付

1巻につき150円

4 ビデオテープ

ア 専用機器により再生したものの視聴

無料

イ ビデオカセットテープに複写したものの交付

1巻につき200円

5 電磁的記録(3及び4の項に該当するものを除く。)

ア 用紙に出力したものの閲覧

無料

イ 専用機器により再生したものの閲覧又は視聴

無料

ウ 用紙に出力したものの交付(A3判まで)

用紙1枚につき10円

カラーのものは、用紙1枚につき50円

エ 用紙に出力したものの交付(A3判を超えるもの)

実費相当額

オ フロッピーディスクに複写したものの交付

1枚につき30円

カ 光ディスク(日本産業規格X0606及びX6281に適合する直径が120ミリメートルの光ディスクの再生装置で再生することが可能なものに限る。)に複写したものの交付(CD-R)

1枚につき100円

キ 光ディスク(日本産業規格X6241に適合する直径が120ミリメートルの光ディスクの再生装置で再生することが可能なものに限る。)に複写したものの交付(DVD-R)

1枚につき150円

ク フラッシュメモリーに複写したものの交付 1個につき1000円
  • 交付に要する費用は前納していただく必要があります。
  • 1の項イ、2の項イ又は5の項ウの場合において、両面印刷の用紙を用いるときは、片面を1枚として額を算定します。
  • この表に記載のない公文書の実施に係る費用は、公文書の種別を勘案し、類似の公開の実施方法と同額とします。
  • 複写したものの交付による場合、交付部数は1部とします。
  • 複写したものの交付による場合、請求される方が持参されたビデオテープ及びフロッピーディスク等に複写することは認めません。
  • 写しの交付(郵送、ファクシミリ)による公開の場合は、送付に要する費用が必要です。郵送の場合は郵便料金の額、ファクシミリの場合は1枚5円となります。

 

お問い合わせ

総務部文書法制課文書統計係

電話番号:0797-38-2010

ファクス番号:0797-38-8691

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る