ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

施設カルテ

施設カルテについて

施設カルテ(以下「カルテ」という)は、市が管理・運営する公共施設(建物)の老朽度、利用状況、コスト面等から施設評価を行ない、施設の「見える化」を進めるものです。
平成29年3月に策定した芦屋市公共施設等総合管理計画の実施にあたっては、本カルテなどの基礎資料を基に、今後の人口動向や財政状況を踏まえ長期的な視点を持って、統合・複合化・縮小等の方向性の検討を行ない、持続可能な行政サービスの提供に努めていきます。

対象

  1. 公共施設等総合管理計画に位置付けをしている公共施設
  2. 所有以外に管理・運営のみの施設や、企業会計(病院・上下水道)の施設も含みます。
  3. 下記の施設は除きます。
  • 便所棟
  • 倉庫等の常時人が滞在しない施設
  • ポンプ場
  • 100平方メートル以下の施設
    ※ただし、文化的価値のある施設などは対象とします。

施設カルテ(平成30年度)

データ容量の都合により分割して掲載します。

表紙・施設一覧

施設カルテの読み方

施設カルテ(施設分類ごと)

施設カルテ(テキスト版)

施設カルテをオープンデータとして公開します

「施設カルテ」をテキストデータ化したものをクリエイティブ・コモンズライセンス(CCBY)に準拠したオープンデータとして公開します。各データのレコードにクレジット表示のため情報提供元及び掲載ページURLの項目を設けています。

データ利用にあっては、芦屋市オープンデータページの「データのご利用に際して」をご確認ください。
芦屋市オープンデータページ

CCBYアイコン

施設カルテ(テキスト版)データファイル

  • 項目名:1行目が項目名。原則PDF版の項目名と対応しています。
  • PDF版と表現が異なる項目が一部ありますが、同一のデータベースから作成しています。
  • データの構成:「01_基本情報と評価」「02_施設構成」「03_コスト実績」「04_指標実績」の4つのファイルで構成されます。PDF版との対応は別添「施設カルテオープンデータPDF版との対応」を参照してください。各ファイルの「年度」と「施設番号」をキー項目としてデータを連結することができます。
  • PDF版との対応は、つぎの対応表を参照してください。
    芦屋市施設カルテPDF版とテキスト版の対応表(PDF:600KB)
  • CSV、EXCELどちらの形式のファイルも内容は同じです。

ファイルのダウンロード

2018(平成30年度)
2017(平成29年度)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部マネジメント推進課 

電話番号:0797-38-2172

ファクス番号:0797-31-4841

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る