ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

STEP1:ごみの出し方

この家庭ごみステーションには餌となる生ごみがたくさんあるぞ!!とカラスに気づかれると、
ターゲットにされてしまいますので、気づかれないようごみ出し時に工夫しましょう。

その1:生ごみを減らしましょう

カラスは雑食性で、いろいろな物を食べるため栄養価の高い生ごみや残飯は格好の餌になります。
餌となるごみを減らすことが効果的で、ごみの減量にもつながりますので、生ごみや残飯を減らす工夫をお願いします。

その2:生ごみを見えない様にしましょう

dasikata

カラスは主に視覚で餌を探します。
黒色のごみ袋を使用していても関係ありませんので、
生ごみの水気をよく切り、紙くず等でごみを包んで
ごみ袋の真ん中に入れることでカラスが見つけにくくなります。
また、水気を切ることで、ごみのにおいを抑えることもできます。

その3:当日にごみを出しましょう

前日にごみを出さず、当日にごみを出すようにし、カラスの目に付く可能性を低くしましょう。

お問い合わせ

市民生活部環境処理センター(収集事業課)業務時間:午前7時30分~午後4時(午後0時~0時45分を除く) 業務日:祝日を含む月曜日~金曜日

電話番号:0797-22-2155

ファクス番号:0797-32-6247

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る