ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > 計画・資料 > 水銀濃度超過に伴う原因究明及び改善対策計画

ここから本文です。

更新日:2020年2月3日

ごみ焼却施設排ガス中の水銀濃度超過に伴う原因究明及び改善対策計画

芦屋市環境処理センターでは、大気汚染防止法の施行に伴い、平成30年度から排ガス及び灰等の水銀濃度を定期測定してきたが、令和元年6月24日の定期測定及び8月9日の再測定に排ガス中の排出基準値である50μg/N㎡を超過しました。このため、焼却炉の運転を一時停止し、原因究明及び改善対策について検討し、再発防止と一日も早い焼却炉の復旧を目指すことを目的とする。特に改善対策として水銀がごみピットに入ってこないようさらなる啓発を行い、万が一入ってきた場合においても排ガス中の排出基準値を遵守できるような設備改造を行う。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境処理センター(環境施設課)

電話番号:0797-32-5391

ファクス番号:0797-22-1599

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る