ホーム > 防災・安全 > 防災 > 防災情報マップ

ここから本文です。

更新日:2020年7月14日

防災情報マップ

災害に備えて、いざという時にしっかりとした避難行動がとれるよう、日ごろから備えておきましょう。
ご自身の避難計画・防災対策にご活用ください。

土砂災害・津波防災情報マップ

土砂災害・津波防災情報マップを使って,危険箇所や避難所を把握して,自分や家族の避難先や避難方法,避難のタイミングを確認しておきましょう。

2020年(令和2年)7月発行

土砂災害防災情報マップ(PDF:2,362KB)(別ウィンドウが開きます)

津波防災情報マップ(PDF:2,505KB)(別ウィンドウが開きます)

 dosya

 

tsunami

高潮防災情報マップ

2019年(令和元年)12月発行

高潮防災情報マップ 表面(地図面)(PDF:2,335KB)(別ウィンドウが開きます)
高潮防災情報マップ 裏面(啓発面)(PDF:3,945KB)(別ウィンドウが開きます)

分かりにくい点などは、補足事項として高潮防災情報マップに関するQ&Aをご確認ください。

(参考)想定最大規模による高潮浸水想定区域図について

平成27年の水防法改正を踏まえて、令和元年8月に兵庫県(県土整備部土木局港湾課:電話078-362-3540)から、本市域を含む想定最大規模の「高潮浸水想定区域図」が公表されましたので、お知らせします。兵庫県作成の同区域図については、下記のリンク先をご参照ください。

Web版防災情報マップ

Web版では、パソコンやスマートフォンから簡単にハザードや避難所等が閲覧できます。
いざという時のために、浸水区域等の危険箇所や、避難所、津波一時避難施設、防災倉庫などの防災施設を確認しましょう。

  1. もしものときにも安心イメージ
    災害時でもスマートフォンやタブレットから閲覧することで、
    簡単に現在地と避難所等との位置関係の把握ができます。
  2. 便利な機能
    Google Mapsを下図として、災害リスク(土砂災害・津波)別に、
    住所検索、航空写真への切替え、縮尺の変更ができます。
  3. 多言語に対応
    日本語のほかに英語・韓国語・中国語に対応しています。

(参考)想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図について

 近年、大雨や短時間豪雨の発生が頻発していることで、降水量が増大し、水害の発生が増加しています。

 また、この傾向がますます強まることが予想されていることから水防法が改正され、従来の計画規模の降雨による洪水浸水想定区域に加えて、想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域が、このたび兵庫県(県土整備部土木局総合治水課:電話078-362-9261)から公表されましたので、お知らせします。

夙川・芦屋川・宮川・堀切川の洪水浸水想定区域の公表(令和元年8月30日指定)

 

河川名 図種 内容
夙川 洪水浸水想定区域図
夙川 家屋倒壊等氾濫想定区域図
芦屋川 洪水浸水想定区域図
芦屋川 家屋倒壊等氾濫想定区域図
宮川 洪水浸水想定区域図
宮川 家屋倒壊等氾濫想定区域図
堀切川 洪水浸水想定区域図
堀切川 家屋倒壊等氾濫想定区域図

(参考)兵庫県CGハザードマップ

洪水、土砂災害、津波などの自然災害による浸水想定区域や危険個所がわかります。

兵庫県CGハザードマップ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

※高潮のハザードマップについては、兵庫県での作成過程において、芦屋市域の護岸高データに一部誤りがあったため、芦屋市域の表示は削除されています。(白地表示)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部防災安全課 

電話番号:0797-38-2093

ファクス番号:0797-38-2157

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る