ホーム > くらし > ペット・動物 > 犬と猫のマイクロチップ登録制度について

ここから本文です。

更新日:2022年6月9日

犬と猫のマイクロチップ登録制度について

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップを装着することが義務化されました。このため、令和4年6月1日以降、ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されており、飼い主になる際には、飼い主自身の情報に登録を変更する必要があります。

なお、令和4年5月31日までに飼育を始めた犬や猫については、マイクロチップの装着は努力義務となっています。

登録方法等の最新情報は公益社団法人日本獣医師会ホームページをご参照ください。pet_microchip_dog

また,飼い犬についてはマイクロチップの登録とは別に,芦屋市での登録が必要です。(詳しくは「飼い犬の登録・狂犬病予防注射について 2.飼い犬の登録」をご参照ください)

既にマイクロチップを装着している犬・猫について

現在、既にマイクロチップを装着し、下表の登録団体に登録されている方で、環境省のデータベースへの登録を希望される方は、令和4年6月30日まで、以下のサイトから無料で登録の受付ができます。

Fam
ジャパンケンネルクラブ
マイクロチップ東海
日本マイクロチップ普及協会
日本獣医師会(AIPO)

 

お問い合わせ

市民生活部環境課管理係

電話番号:0797-38-2050

ファクス番号:0797-38-2162

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る