ホーム > くらし > 霊園 > 霊園 > 芦屋市霊園「合葬式墓地」

ここから本文です。

更新日:2020年4月24日

芦屋市霊園「合葬式墓地」

令和3年度開設予定

芦屋市霊園では、

  • 子や孫に負担をかけたくない
  • 無縁になる心配がない
  • 使用料が安価である

など市民の多様なニーズにこたえるとともに、

単に新しいお墓としてだけでなく、家族や血縁を超えて人々が集い、

永続的に継がれていくお墓を目指して、令和3年度開設に向け「合葬式墓地」を建設します。

申込条件や使用料等、詳細な事項につきましては、令和3年度に決定し広報あしや及びホームページ上でご案内いたします。

背景

近年、少子高齢化や核家族化の進展に伴い、

墓地に対する価値観の変化や承継が困難になるという課題が顕在化しています。

このことから、現在では承継者を必要としない「合葬式墓地」といった

新たな納骨施設のニーズが高まっています。

アンケート調査の主な結果

平成28年度に行なった「お墓に関するアンケート調査(別ウィンドウが開きます)」では、お墓に対して

  1. 重視する条件(複数回答有)
    使用料・維持管理費用(42.7%)、自宅からの距離(42.2%)
  2. 心配事(複数回答有)
    子供や孫に負担をかけるのではないか(67.2%)
    世話する人がいないため、無縁にならないか(33.8%)
  3. 希望する形式
    一般的な墓地(48.2%)、合葬式墓地(29.8%)、納骨堂(15.8%)
  4. 合葬式墓地の必要性
    必要である(52.5%)

 一般的な墓地とは

  1. 使用者(名義人)が石碑を建立
  2. 骨壺ごと若しくはさらし等に巻いて、個人・夫婦・家族などの単位で納骨
  3. 納骨後の遺骨の取り出しは可
  4. 使用期限は永年
  5. 承継が必要
  6. 墓の管理は使用者(名義人)
  7. 使用料は「合葬式墓地」や「納骨堂」と比べると高価
  8. 維持管理費のほかに石碑代が別途かかる

 合葬式墓地とは

  1. 管理者(市)が合葬室とモニュメント(玉石や樹木など)でひとつの大きなお墓を建設
  2. 骨壺から出して他の方々と一緒に納骨(共同埋葬)(はじめは骨壺のまま一定期間安置し、その後に骨壺から出して納骨されるケースもある)
  3. 納骨後の遺骨の取り出しは不可安置期間中の遺骨の取り出しは可)
  4. 使用期限は永年
  5. 承継は不要
  6. 墓の管理は管理者(市)
  7. 使用料は「一般的な墓地」や「納骨堂」と比べると安価
  8. 安置期間中は維持管理費が別途かかる場合もある

A市

B市

C市

D市

芦屋市

10,000体

10,000体

24,000体

10,000体

4,500体

2,000体

3,000体

4,000体

5,000体

検討中

安置期間

20年

10年

20年

10年

20年

10年

検討中

使用料

直接:7.5万円

20年:15万円

直接:5万円

10年:10万円

20年:15万円

直接:5万円

10年:10万円

20年:15万円

直接:5万円

10年:5万円

検討中

 納骨堂とは

  1. 管理者がロッカー等を用意
  2. 骨壺ごと個人・夫婦・家族などの単位で納骨
  3. 納骨後の遺骨の取り出しは可
  4. 使用期限あり(更新可)
  5. 承継が必要
  6. 納骨堂の管理は管理者
  7. 使用料は更新ごとにかかり、「一般的な墓地」と比べると安価で、「合葬式墓地」と比べると高価
  8. 維持管理費が別途かかる

ippnatekinaboti

gassousikiboti

noukotudou

一般的な墓地

合葬式墓地

納 骨 堂

 

 

合葬式墓地完成イメージ

 gassousikibotizenpou

gassousikiboti_tyoukann 

gassousikiboti_monyumento

今後のスケジュール

yotei2020

合葬式墓地等建設工事について

工事についてはこちらをご覧ください(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課霊園・火葬場係

電話番号:0797-38-3105

ファクス番号:0797-38-2162

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る