ここから本文です。

更新日:2021年5月31日

芦屋市奨学金

芦屋市では、経済的理由により修学困難な高校生等を対象に、奨学金を支給する「芦屋市奨学金制度」を設けています。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、家計の急変があった世帯の皆さまを支援するため、制度が一部拡充しています。

申請資格(次のすべての要件を満たしている方)

  1. 高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校、特別支援学校の高等部またはこれに準ずる学校の高等部に在学し、在学期間が各学校の正規で最短の修業年限を超えていないこと。
  2. 申請者の生計を維持する者(父母、父母がいない場合は祖父母または親権を行なう者)が市内に居住していること。(原則、住民登録が必要)
    ただし、高等学校の定時制に在学しているかたは、申請者が市内に居住し、独立の生計を営んでいることをもって足りる。
  3. 次のいずれかに該当すること
    • 令和2年中の所得額が下記選考基準額以下である世帯
    • 申請者の生計を維持する者が失業中であり、失業した者を除いた世帯人員に係る所得額が下記選考基準額以下である世帯
    • 家計急変(新型コロナウイルス感染症拡大の影響も含む)により、家計急変発生後1年間の所得額が下記選考基準額以下になる見込である世帯。(家計急変とは:災害や感染症まん延等の影響により、収入が著しく減少する場合を指します。)
  4. 次に該当しないこと<次の方は給付を受けられません>
    • 生活保護を受けている方。※生活保護費より高等学校等就学費が支給されます。
    • 兵庫県の高校生等奨学給付金制度による給付を受けることのできる方(通信制の高校に在学されている方は除く※奨学給付金制度の詳細につきましては、学校又は兵庫県(兵庫県庁代表電話番号078-341-7711)までご確認ください。

令和3年度基準額

世帯人員 基準額

1人

1,530,000円

2人

2,390,000円

3人

2,740,000円

4人

3,090,000円

5人

3,440,000円

6人

3,790,000円

7人

4,140,000円

8人以上1人ごと

350,000円加算

  • 生計を維持する者と就学中の子及び未成年かつ未就労の子をもって世帯人員とする。
  • 家族構成に父母以外に祖父母が同居していても祖父母は世帯人員に含めない。
  • 母子家庭、父子家庭は45万円を加算。
  • 障がい者を扶養する世帯は78万円を加算。

給付額(令和3年度)

学校種別 世帯課税状況
(住民税所得割額)
金額
(月額)
国公立 高等学校(全日・定時制)
中等教育学校後期課程
高等専門学校(1~3学年)
非課税 対象外※
課税 5,000円
高等学校(通信制)
特別支援学校の高等部
課税
非課税
私立 高等学校(全日・定時制)
中等教育学校後期課程
高等専門学校(1~3学年)
非課税 対象外※
課税 7,000円
高等学校(通信制)
特別支援学校
準ずる学校の高等部
課税
非課税

※兵庫県の「高校生等奨学給付金」の対象になります。詳しくは、在学校へお問い合わせください。

申請時期

  • 申請書類の配布時期:6月1日(火曜日)から
  • 申請期間:7月15日(木曜日)まで<期限厳守>

※申請期間以降も随時申請を受け付けていますが、給付は申請のあった月の翌月分からになります。

※奨学金は年度ごとに申請が必要となります。

申請書等ダウンロード

給付時期

4月から8月分を9月初旬に、9月から12月分を12月下旬に、1月から3月分を3月下旬に支給します。

ページの先頭へ戻る


kakeikyuhenhp


お問い合わせ

教育委員会管理部管理課学事係

電話番号:0797-38-2085

ファクス番号:0797-38-2166

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る