ホーム > まちづくり > 開発・建築 > 建築確認と許認可 > 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の施行について

ここから本文です。

更新日:2017年5月29日

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の施行について

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年法律第53号)に基づく規制措置が平成29年4月1日より施行されたことにより、床面積の合計が2,000平方メートルを超える非住宅については省エネ基準適合及び適合性判定が義務付けられました。

また、これまで必要であった省エネ法に基づく修繕模様替・設備改修の届出及び定期報告制度は廃止となりました。

詳細については、下記パンフレットをご確認ください。

「建築物省エネルギーの法律が変わりました。」パンフレット(PDF:994KB)(別ウィンドウが開きます)

適合性判定について

芦屋市において、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律第15条第1項の規定により、次のとおり登録建築物エネルギー消費性能判定機関(登録省エネ判定機関)に建築物エネルギー消費性能適合性判定(適合性判定)を行わせることとしましたので、お知らせします。

適合性判定については登録省エネ判定機関に申請していただきますようお願いいたします。

1.登録省エネ判定機関に行わせる適合性判定の業務:適合性判定の全部(計画通知を含みます)

2.登録省エネ判定機関の適合性判定業務の開始日:平成29年4月3日

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課建築指導係

電話番号:0797-38-2114

ファクス番号:0797-38-2164

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る