ホーム > まちづくり > 開発・建築 > 建築確認と許認可 > 建築物環境性能評価制度(CASBEE)の届出

ここから本文です。

更新日:2020年5月26日

建築物環境性能評価制度(CASBEE)の届出

建築物は、新築から解体撤去に至るまでの長期にわたり環境へ様々な影響を与えていることから、建築物による環境への負荷の低減を図るため、2,000平方メートル以上の規模の建築物を新築(増築等を含む。)しようとする者に対して、平成18年3月24日「環境の保全と創造に関する条例」の一部改正により、知事が定める指針に基づく評価を行ない、工事着工の21日前までに届出を義務づけすることとしました。
このことにより、建築主の環境負荷の低減に対する自主的な取組を促し、快適で環境に配慮した建築計画への誘導を図ります。
評価手法は、(財)建築環境・省エネルギー機構が開発した、建築物総合環境性能評価手法(CASBEE)によることとしています。

詳細は兵庫県県土整備部住宅建築局建築指導課のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

評価ソフト,マニュアル等のダウンロードは下記のリンクへ

(財)建築環境・省エネルギー機構(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

対象建築物

床面積が2,000平方メートル以上の規模の建築物の新築(増築等を含む)

増築等の場合は当該部分が2,000平方メートル以上となるものが対象となります。

提出期限

工事着工の21日前まで

届出の概要の公表

県条例118条の9に基づき届出の概要を下記に公表します。
公表される評価内容につきましては建築物総合環境性能評価システム(CASBEE-新築)によるものです。
なお、公表概要は届出の変更等により変わることがあります。
又、本公開概要の内容は届出者が自己評価を行なったものであり、認証等をした(行なう)ものではありません。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課建築指導係

電話番号:0797-38-2114

ファクス番号:0797-38-2164

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る