ホーム > 市政 > 予算・財政 > 財務統計

ここから本文です。

更新日:2017年10月2日

財務統計

財務統計とは、(1)本市の行財政の推移、(2)主要施策の推移、(3)会計別の決算額の推移、(4)職員数の推移、(5)基金及び市債残高の推移、(6)阪神間の他都市比較など、財政に関するあらゆる情報を分析して取りまとめています。

1.はじめに

本市の財務統計は、次の会計区分に応じて、過去5年間の財政状況について数値や指標を取りまとめた統計資料です。内容については、末尾のPDFファイルでご覧いただけます。

普通会計

地方公共団体の財政比較や統一的な掌握が困難なため、地方財政の統計上統一的に用いられるための会計区分を指します。本市では、一般会計に公共用地取得費特別会計を合算し、調整したものを表します。

一般会計

地方公共団体の会計の中心をなすものです。特別会計や公営企業会計で計上される以外のすべての経費は一般会計で処理されます。

特別会計

特別会計は一般会計に対し、特定の歳入歳出を一般の歳入歳出と区別して別個に処理される会計です。次の会計が、特別会計として設けられています。

  • 国民健康保険事業特別会計
  • 下水道事業特別会計
  • 公共用地取得費特別会計
  • 都市再開発事業特別会計
  • 駐車場事業特別会計
  • 介護保険事業特別会計
  • 宅地造成事業特別会計
  • 後期高齢者医療事業特別会計

企業会計

地方公営企業とは、地方公共団体が地域住民の福祉増進を目的に、企業会計的手法を用いて行なう事業で、本市では次の事業が該当します。

  • 病院事業
  • 上水道事業

 2.内容をご覧になられるかた、印刷されるかたはこちらから

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部財政課 

電話番号:0797-38-2011

ファクス番号:0797-38-2155

ページの先頭へ戻る