ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠 > 赤ちゃんが生まれたら > 育児支援家庭訪問事業(養育支援訪問事業等)

ここから本文です。

更新日:2022年9月21日

育児支援家庭訪問事業(養育支援訪問事業等)

育児ストレスや産後うつ病など、子育てに不安や孤独感を抱える家庭や支援の必要な家庭に対し、助産師、ヘルパーが訪問し、次のような支援を行っています。

ご利用については、子ども家庭総合支援課までお問い合わせください。

内容

  • 乳児を養育する保護者等に対する簡単な育児、家事等の援助
  • 乳幼児を養育する保護者等に対する育児指導及び栄養指導
  • 保護者等の身体的、精神的不調状態に対する相談及び支援、など

利用条件と費用

  • 育児支援家庭訪問の利用には、養育環境などの条件があります。
  • 世帯の課税状況により利用者負担が生じます。

利用回数など

支援の利用時間、回数及び日数は次の通りです。ただし、市長が特に必要があると認める場合は、この限りではありません。

  • 1回の利用時間は、1時間を単位とし、2時間以内とする。
  • 1日の利用回数は、2回以内とする。
  • 年間の利用回数は、15回以内とする。

ご利用開始までの流れ

育児支援家庭訪問事業における助産師派遣(別ウィンドウが開きます)

育児支援家庭訪問事業におけるヘルパー派遣(別ウィンドウが開きます)

 

お問い合わせ

こども福祉部こども家庭室こども家庭・保健センター

電話番号:0797-31-0643

ファクス番号:0797-31-0647

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る