ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート > 福祉センターエントランス・コンサートpart114のご報告

ここから本文です。

更新日:2020年2月7日

福祉センターエントランス・コンサートpart114のご報告

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

1月のエントランス・コンサートは

合唱団ボイスフィールドの出演による

「世界の歌・日本の歌」を

お楽しみいただきました。

 

指揮は天野さん

 

「世界中を歌声の野原にしたい」という願いで

ボイスフィールドと命名された混声合唱団で

芦屋を本拠に40年以上活動を続けられています。

 

ボイスフィールドの皆さん

 

 

今回福祉センターの

エントランス・コンサートには初めての出演です。

 

混声四部合唱ソプラノ

 

第1部では

広大な風景を思わせる

アフリカ調の楽曲が印象的でした。

どの曲も表情豊かに感情を込めて

合唱される様子が見ていて楽しく

歌うことは素敵なことだと

感じていただけたと思います。

 

混声四部合唱テノール

 

みんなで歌いましょうは、

「花」

美しい歌詞を

手話歌で表現すると

まるで舞踊を見ているようです。

会場の皆さんと一つになって歌いました。

 

手話歌グループあしやの頂さん

第2部は芦屋市出身の作曲家

名田綾子さんが現代風に編曲した

「夏は来ぬ」や「冬景色」など

日本の四季をめぐる合唱です。

美しい日本の歌は

新しいメロディにのっても輝きを増し

いつまでも歌い継がれてほしいと

思っていただけたのではないでしょうか。

 

混声四部合唱アルト

 

30人の混声合唱の皆さんは

エントランスホールを

伸びやかで楽しい歌声でいっぱいにしてくれました。

 

合唱団ボイスフィールド

 

では次回のエントランスコンサートをお楽しみに。

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る