ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート

ここから本文です。

更新日:2022年1月7日

福祉センターエントランス・コンサート

皆さんこんにちは。芦屋市福祉センターです。

エントランスのグランドピアノ芦屋市福祉センターがオープンするにあたり、国際ソロプチミスト芦屋さんから「芦屋市民の集いの場・憩いの場となるように」という願いのこもったグランドピアノを寄贈していただきました。福祉センターがオープンした翌月から「福祉センターエントランス・コンサート」を開催しています。

(現在は開催していません)

 

 

 

福祉センターエントランス・コンサートの開催について

 

令和4年1月以降につきましては、保健福祉センターが新型コロナウイルスのワクチン接種会場であるため当面の間コンサートを開催する予定はありません。開催を再開する場合は、広報あしや・市のホームページでお知らせいたします。

 

福祉センターエントランス・コンサートpart118のご報告

 

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

 

令和3年12月26日に

福祉センターエントランス・コンサート

part118を開催しました。

前回が令和2年10月開催なので

14か月ぶりのコンサートです。

 

新型コロナウイルス感染症拡大予防をふまえて

多数のご応募のうち

抽選により当選された方に

ご来場いただきました。

 

I LOVE ASHIYAさん企画による

「クリスマスのおくりもの」

 

ピアノの木田陽子さんと

ピアノ木田さん

 

チェロの佐谷記世さん

チェロ佐谷さん

 

フルートの沼田恵さんとピアノの隈本義子さん

フルート沼田さん

 

古典の名曲や映画音楽のメドレーを

前田伊都子さんの語りにいざなわれ

心地よく聴き入りました。

 

語りは前田さん

 

フルートによる「チャルダッシュ」では

曲に合わせて

ジプシー風の踊りも披露され

会場は大きな拍手で盛り上がりました。

 

チャルダッシュに合わせてジプシーの踊り

 

手話歌グループあしやさんにより

声を出さないで「手話で歌う」手話歌で

皆さんと一緒に歌うことができました。

 

手話歌グループあしやクリスマスバージョン

 

短い時間でしたが

ピアノ・チェロ・フルートの演奏を身近で感じ

楽しい時間をお過ごしいただけたと思います。

 

コンサート参加者の記念撮影

 

保健福祉センターがオープンしてから

毎月開催を重ね

118回を迎えたエントランス・コンサート

開催できなくなるとは

想像もしていませんでした。

マスクのいらない、なんの縛りもない

みんなで歌えるあたり前の生活が

どれほど愛しく尊いものか

この先、コロナ禍を乗り越えても

忘れないでいたいと思います。

 

過去のエントランスコンサートのご報告

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る