ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート > 福祉センターエントランス・コンサートpart109のご報告

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

福祉センターエントランス・コンサートpart109のご報告

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

 

福祉センターエントランス・コンサートpart109のご報告です。

 

8月のエントランス・コンサート

午後に聴くクラシック

~バロックから近現代まで~と題して

現役の大学生

井関 花さんのピアノ独奏を

お届けしました。

 

お客様を迎える花たち

実はこの日

福祉センターのエントランス・コンサートを

当初からお手伝いしてくださっている

ボランティアグループ

ほっと・ポットの方から

「今日の福祉センターのお花は

これまで見た中で一番美しく咲いています。」

と報告がありました。

 

井関花さんのピアノ独奏

 

コンサートが始まってその理由が

わかるような気がしました。

花の精を思わせる雰囲気で名前も同じ

井関 花さんの演奏を

花たちも待ち焦がれていたのかもしれません。

 

ピアノ演奏中の井関さん

 

花たちだけではありません。

ベートーヴェンやブラームス、

リストの名曲を美しく優しく、

そして力強く演奏する

井関さんに会場は魅了されました。

 

上を向いて歩こうを手話歌で

 

手話歌グループあしやさんとの

「みんなで歌いましょう」では

会場の皆さんの手も

一緒に歌っています。

 

 

迫力の演奏

 

バッハ=ブゾーニの「シャコンヌ」は

深い悲しみから立ち上がろうとする

強さを表現した楽曲だと

紹介がありました。

その圧倒されるような演奏に

会場からは「ブラボー」の歓声と

惜しみない拍手が送られました。

 

演奏を終えて記念撮影

 

「午後に聴くクラシック」

心からお楽しみいただけたと思います。

 

では次回のエントランス・コンサートをお楽しみに

次回は9月22日(日曜日)午後2時からの開催です。

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る