ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

FAQ)街路樹の剪定について

質問・意見

秋になると街路樹の剪定が行なわれているが、剪定の方法が余りにも杜撰なため街路樹の寿命を極端に短くしているのではないか。枝と言う枝はほとんど伐採され、幹のみが残されているようである。とても専門業者の仕事とは思えずコストから素人業者に委託されているのではないかと思われる。街路樹の寿命が短くなってしまうのではコスト以前の問題ではないか。費用対効果の効果を樹木育成の観点から考えて、市職員は一度各街路樹を点検して来年度の剪定計画をみなすべきである。
2008年11月

回答

この度は芦屋市の樹木等に関して貴重なご意見を頂戴しありがとうございます。街路樹の剪定について、作業は専門業者に委託しています。ご指摘のとおり樹木の種類や場所によっては、強く剪定を行なっているものもございますが、樹勢等考慮して行なっていますので、剪定により樹木の寿命を短くするということはないと考えています。
また、外観上、伐採し過ぎではないかと思われる所もあるかとは思いますが、落ち葉や日当たり、風通しや見通しの問題で近隣住民等から苦情や要望があり、それらを考慮した結果でございますのでご理解いただきますようお願いいたします。
しかし、原則的に芦屋市といたしましては、樹木は美しく育てて行きたいと考えていますので、近隣にお住まいのかたがたの意見や要望との調整を図りながら街並みも考慮した効果的な剪定を行なうよう努めていきます。

お問い合わせ

都市建設部街路樹課街路樹係

電話番号:0797-38-2470

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る