• 市民の声 こちらにお寄せください(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)
  • 芦屋病院
  • イベント・講座情報
  • 施設案内・予約

ここから本文です。

更新日:2021年10月8日

市民相談

ご相談の受付

3つの密(密集、密接、密閉)を回避するため、相談スペースの環境等について、以下のとおり変更します。
1 相談者と相談員との間に飛沫防止のためアクリル板を設置します。
2 相談者と相談員について、一定の距離を確保します。
3 換気のため、相談室の窓を常時開けています。

相談される方は、必ずマスクを着用いただくようお願いします。

来庁前に必ず検温をお願いします。発熱または喉・咽頭痛その他の感冒様症状を呈している場合は、利用をご遠慮ください。

芦屋市役所では、市民の皆さんの日常生活にかかわるさまざまな問題について、次のような相談を行なっています。相談は特記以外無料です。予約の必要な相談は、あらかじめお申し込みください。

なお、土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)の相談業務は一部を除き休みです。

名称 相談内容 相談日時 相談員 問い合わせ先等
行政相談

国や県等への苦情、要望、意見など

第3水曜日
午後1時から4時

行政相談委員

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<受付時間>
午後0時45分から3時30分

毎年10月は行政相談週間の行事として合同行政相談を実施。

家事相談
(予約必要)
夫婦、親子、離婚、相続など

 

第2・第4水曜日
午後1時から4時

専門相談員

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<予約方法>
随時電話受付。

なお、芦屋市民に限ります。

弁護士法律相談
(予約必要)

※1

 

遺言、相続、離婚、交通事故、借金等の問題、成年後見、不動産、労働問題等の法律問題全般

木曜日
午後1時から4時30分

弁護士

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<予約方法>
希望相談日の週の月曜日午前9時から電話受付。
(月曜日が休日の場合は翌日)

なお、芦屋市民に限ります。

司法書士法律相談

(予約必要)

登記、多重債務整理、不動産、成年後見相談など

金曜日
午後1時から4時

司法書士

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<予約方法>
希望相談日の週の月曜日午前9時から電話受付。
(月曜日が休日の場合は翌日)

こころの整理相談

(予約必要)

心の悩みを話して、気持ちの立て直しを図る相談

第1水曜日

午後1時から4時

精神保健福祉士

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<予約方法>
随時電話受付。

なお、芦屋市民に限ります。

税務相談

(予約必要)

相続税・贈与税ほか一般的な税に関する相談

 

月曜日
午後1時から4時

税理士

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<予約方法>
随時電話受付。※令和3年3月より予約制に変更。

土地と建物の登記相談 土地の境界問題、分筆合筆、建物の新築・増築・取壊し等の登記相談

第1火曜日
午後1時から4時

土地家屋調査士

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<受付時間>
相談日当日
午後0時45分から3時30分までに市役所南館地下1階市民参画・協働推進室 市民相談係へお越しください。(希望者数により、早めに受付を終了する場合があります)

公正証書相談 遺言・契約・養育費の支払い等の公正証書など

第2火曜日
午後1時から4時

公証役場公証人

市民参画・協働推進室 市民相談係 

電話:38-5401
<受付時間>
相談日当日

 午後0時45分から3時30分までに市役所南館地下1階市民参画・協働推進室 市民相談係へお越しください。(希望者数により、早めに受付を終了する場合があります)

不動産相談

(予約必要)

不動産の取引・契約など不動産全般に関する相談

第3火曜日
午後1時から4時

宅地建物取引業協会相談員

市民参画・協働推進室 市民相談係
電話:38-5401
<予約方法>
随時電話受付。

なお、芦屋市民に限ります。(市内物件所有者可)

  • 裁判中・調停中及び弁護士や司法書士などに依頼されている案件の相談はお受けできません。
  •  具体的な問題、紛争等がなく、学術的な興味等での相談はお受けできません。
  • 家事相談と法律相談については、同一内容での再度のご相談はお受けできません。 また、法律相談は、別案件であっても、その後予約はひと月お受けできません。
  • 予約した相談について、連絡なく来庁されなかった場合は当該予約を無効とします。その後予約はひと月お受けできません。
  • 相談内容の録音や録画はお断りしています。相談内容の記録にはご自身でメモをお取りください。
  • ※1 弁護士法律相談について、相談内容と当日の弁護士の職務(既に相手方の依頼を受任しているなど)とが利益相反になる場合は、相談者の利益を保護するとともに、公平な回答を確保するため当日の相談はできません。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

 

 

お問い合わせ

企画部市民参画・協働推進室市民相談係

電話番号:0797-38-5401

ファクス番号:0797-38-2004

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る