ここから本文です。

更新日:2014年12月1日

FAQ)野鳥について

質問・意見

野鳥の雛を保護したのですがどうしたらよろしいのですか?

回答

巣立ったばかりの雛は、1羽でいるように見えても、ほとんどの場合近くに親鳥がいて、雛を見守っています。雛の近くにいると親鳥は雛に近づけません。木の枝や幹等、危険の少ない場所や元いた場所など親鳥が餌を与えやすい場所に返してあげてください。
人間が長時間、雛に接触していると親鳥は雛の世話を放棄してしまうことがあります。

お問い合わせ

市民生活部地域経済振興課商工観光・農林係

電話番号:0797-38-2033

ファクス番号:0797-38-2176

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る