ここから本文です。

更新日:2021年4月7日

行政手続きにおける押印の省略

行政手続きにおける押印の省略について

新型コロナウイルス感染症への対応及び行政のデジタル化の動向を踏まえ、市民の利便性の向上及び業務の効率化を図る必要があることから、令和3年4月より、一定の条件を満たすことで市へ提出いただく入札・契約書類の押印の省略が可能となります。なお、今までどおり代表者印や個人印を押印いただいたものも受理いたします。

主な書類名

  • 見積書・辞退届
  • 請書
  • 誓約書(法令遵守・暴力団排除・社会保険等加入対策)
  • 中間前払金と部分払の選択に係る届出書
  • 現場代理人兼任届・解除届
  • 競争入札参加資格審査申請書(変更届) 外

契約書、請求書、入札書(紙入札のみ)、請求書及び競争入札参加資格審査申請書への押印は今までどおり必要です。

押印を省略する場合の手続方法

  • オンライン手続き(電子メールの利用)

見積通知の連絡において、受信票をファクスで返信する際に、メールアドレスを記載している場合は、次の点を遵守した上で、当該メールアドレスからの電子メールによる提出をもって、押印の省略を可能とします。

  1. 添付するファイル名は、提出書類の名称を付した個別の電子ファイルとしてください。(例:見積書((株)○○)、法令遵守に関する誓約書(○○株式会社)等)
  2. 複数の書類を提出する場合は、一括しての電子ファイルやZIP形式のファイル等にしないでください。
  3. 添付ファイルは、PDF等で送付してください。

 

  • オンライン手続きが困難な状況での手続き

上記オンライン手続き以外で押印を省略する場合は、本件責任者及び担当者の会社名、部署名、氏名並びに連絡先を記載してください。

書類受領後、文書の真正性を担保する必要がある場合は、記載いただいた連絡先まで問合せすることがあります。

お問い合わせ

総務部契約検査課契約係

電話番号:0797-38-2012

ファクス番号:0797-38-2171

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る