ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠 > 妊娠がわかったら > 芦屋市不育症治療支援事業

ここから本文です。

更新日:2020年4月27日

芦屋市不育症治療支援事業

不育症についての検査及び治療(以下「治療等」という)を受けられたご夫婦に対し、経済的な負担を軽減するため、医療保険が適用されない費用の一部を助成します。

対象

1)~5)すべてに該当するかた

1)芦屋市に住民票があり法律上婚姻している夫婦

2)令和2年4月1日以降の治療等を行なった期間の初日における妻の年齢が43歳未満

3)夫と妻の合算した前年(1月から5月の申請については前々年)の所得額400万円未満

4)2回以上の流産や死産、早期新生児死亡の既往があると医師に診断されていること

5)助成を受けようとする治療について、他の自治体が実施する不育症の治療等の助成を受けていないこと

助成内容

(1)助成額:国内の不育症の治療等に要した医療保険適用外の医療費の2分の1(1円未満は切り捨て)

(2)助成回数:一年度中(4月1日~翌年3月31日)に1回

※年度内に複数回の治療等を実施した場合は年度内で1回にまとめて申請してください。

(3)助成対象となる検査と治療:医療保険を適用せずに実施した検査及び治療が対象となります。

一次

スクリーニンク゛

抗リン脂質

抗体

抗カルジオリピンβ₂グルコプロテインI(CL β₂GPI)複合体抗体

抗カルジオリピン(CL)IgG抗体

抗カルジオリピン(CL)IgM抗体

ループスアンチコアグラント

夫婦染色体検査

選択的検査

抗リン脂質

抗体

抗PEIgG抗体(抗フォスファチジルエタノールアミン抗体)

抗PEIgM抗体(抗フォスファチジルエタノールアミン抗体)

血栓性素因スクリーニング(凝固因子検査)

第Ⅻ因子活性

プロテインS活性もしくはプロテインS抗原

プロテインC活性もしくはプロテインC抗原

APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)

検査

絨毛染色体検査

治療

低用量アスピリン療法

ヘパリン療法(ヘパリン在宅自己注射療法を含む。)

 

申請手続き

治療等を実施した同一年度内(3月31日まで)に必要書類を揃えて、申請を行ってください。

申請に必要な書類

(1)~(6)を揃えてご提出ください。

ただし、(4)所得額の確認書類、(5)芦屋市住民であることをあることを証明する書類、及び(6)法律上の夫婦であることを証明する書類は、芦屋市で確認が可能なとき、提出を省略できる場合がありますので、事前に保健センターへお問い合わせください。

書類をご用意いただく際にかかった費用は自己負担となります。

(1)芦屋市不育症治療支援事業申請書

夫婦で各々のご印かんにて(スタンプ印は不可)押印をお願いします。

(2)芦屋市不育症治療支援事業受診等証明書

『医療機関用』のみ、または『医療機関用』と『薬局用』の両方をご提出ください。

(3)領収書の原本

上記(2)の治療年月日及び領収金額と一致するもの。明細書があれば、あわせてお持ちください。

◎確定申告等で返却が必要な場合は、原本確認後に窓口でコピーをとります。

(4)夫と妻それぞれの市町村民税にかかる証明書

市・県民税の税額通知書または確定申告書の控えなど

◎申請日が1月から5月までの転入の方は、前々年の1月1日に居住していた市町村、申請日が6月以降の

転入の方は、前年の1月1日に居住していた市町村での発行となります。

(5)住民票の写し

世帯全員及び続柄の記載があるもので発行日から3か月以内のもの

住民基本台帳を確認することに同意し、住民であることが確認できた場合は、書類の提出が省略可能です。

(6)戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)

本籍地の市町村へ交付の申請をしてください。

住民票等で婚姻している夫婦であることが確認できた場合(夫及び妻が同一世帯で、夫または妻が世帯主の場合)は、書類の提出が省略可能です。

申請書等

申請窓口

保健センター:芦屋市呉川町14番9号 3階

電話番号:0797-31-1586ファクス番号:0797-31-1018

 

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る