ホーム > 市政 > 予算・財政 > 長期財政収支見込み > 長期財政収支見込み(令和2年度~令和13年度)(令和4年2月)

ここから本文です。

更新日:2022年3月23日

長期財政収支見込み(令和2年度~令和13年度)(令和4年2月)

長期財政収支見込み(令和2年度~令和13年度)(令和4年2月作成)(PDF:315KB)(別ウィンドウが開きます)

令和4年2月に作成した長期財政収支見込みについて、その概要をご説明します。

なお、現段階で事業費や財源が明らかでない経費は含んでいません。

収支の状況

下の表は、令和5年度から令和13年度までの、市税などの一般財源額(歳入)と、その一般財源でまかなうべき経費(歳出)、歳入歳出差引額(マイナスの場合は収支不足額)と基金残高の見込みを示したものです。社会保障関係経費の増加に加え、道路や公園などのインフラ施設や公共施設の老朽化対策等が今後も必要となることから、令和13年度までの収支不足額の合計は52億円となる見込みです。この不足額は基金で補てんすることになります。

収支の見込み(一般財源ベース)
年度 歳入 歳出 歳入歳出差引 基金残高

令和5年度

285億円

286億円

-1億円

129億円

令和6年度

272億円

298億円

-26億円

103億円

令和7年度

272億円

279億円

-7億円

95億円

令和8年度

294億円

296億円

-2億円

94億円

令和9年度

273億円

271億円

1億円

95億円

令和10年度

268億円

269億円

-1億円

94億円

令和11年度

269億円

267億円

2億円

96億円

令和12年度

266億円

274億円

-8億円

88億円

令和13年度

261億円

272億円

-10億円

78億円

合計

-52億円

(端数調整のため、歳入歳出差引及び合計が一致しない箇所があります。)

基金残高と剰余累計の見込

行財政改革の取り組み

長期財政収支見込の試算は、現時点の税制度・地方財政制度及び本市の財政運営をもとに行なっています。

人口減少の本格化や前回の長期財政収支見込を踏まえ、将来にわたって持続可能な行財政運営を行なうため、令和3年度から「行財政改革」を実施しています。今回の長期財政収支見込では「行財政改革」の取り組みによる影響額を反映して作成しています。

下の表は、行財政改革の影響額と基金残高の推移を示したものです。

行財政改革影響額(一般財源ベース)と基金残高
年度

歳入

(行財政改革影響額)

歳出

(行財政改革影響額)

(行財政改革影響額)

基金残高

(行財政改革影響額除く)

基金残高

令和3年度

7億円

1億円

8億円

143億円

149億円

令和4年度

1億円

-3億円

-2億円

120億円

125億円

令和5年度

1億円

6億円

8億円

116億円

129億円

令和6年度

-19億円

10億円

-10億円

99億円

103億円

令和7年度

1億円

1億円

2億円

90億円

95億円

令和8年度

25億円

-12億円

12億円

76億円

94億円

令和9年度

7億円

1億円

8億円

69億円

95億円

令和10年度

4億円

3億円

7億円

60億円

94億円

令和11年度

4億円

4億円

8億円

54億円

96億円

令和12年度

5億円

4億円

9億円

37億円

88億円

令和13年度

0

3億円

3億円

24億円

78億円

合計

36億円

18億円

54億円

(端数調整のため、歳入歳出差引及び合計が一致しない箇所があります。)

(影響額については、正の値がプラスの効果、負の値はマイナスの効果となるものです。)

地方債の状況

市債残高は、阪神・淡路大震災により平成13年度にはピークである1,119億円まで増えました。その後、平成27年度末に475億円まで減少しましたが、阪神・淡路大震災以降、長年据え置いてきた公共施設等の老朽化対策事業の実施に伴い、令和2年度には516億円まで上昇しました。その後はなだらかに減少し、令和13年度には298億円となる見込みです。

公債費(償還額)についても、震災による借入がまだ残っていることや上記の新たな借入により、震災前の23億円と比べると依然として高い水準(30~40億円台)となっています。

地方債残高と公債費見込み

これからの財政運営

市の今後の財政状況については、過去に建設した公共施設や道路・橋梁等への投資、増え続ける社会保障関係経費などに対応するために、予算編成上は現在の基金を取り崩して運営する状況が続いていますが、決算においては収入を堅実に見込んでいることや入札差金などの影響もあり、基金の取崩しが少ない(又は基金の取崩しが不要となる)状況であるため、現状では基金が枯渇するような状況にはありません。
この長期財政収支見込みは出発点を令和4年度予算としているため、上記の説明から言えば、堅実に見積もった推計であると言えます。しかしながら、本市においてはJR芦屋駅南地区再開発事業や環境処理センター整備事業などの大きな投資的事業が控えていることに加え、人口減少問題や社会経済情勢の変化及びそれに伴う市民ニーズが刻々と変わる中で、現時点では市が捕捉できていない支出もありうることから、予算編成ベースでの堅実に見積もった推計を行っているところです。
その上で、今回の令和13年度までの長期財政収支見込みでは、基金残高が減少していく傾向が見えることから、今後も働き方改革などによる生産性の向上、市民サービスを考慮した上での民間事業者の活用、既存公共施設の今後のあり方の検討、未利用土地の有効活用・売却、国・県の補助事業を最大限活用することに加え、長期財政収支見込みを次年度以降も更新していくことにより、引き続き新行財政改革を進め、不断の努力を続けて安定的な財政運営を図っていきます。

お問い合わせ

総務部財政課 

電話番号:0797-38-2011

ファクス番号:0797-38-2155

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る