ホーム > 市政 > 施策・計画 > 第5次芦屋市総合計画(策定中) > 第4回市民ワークショップ(平成30年12月15日(土曜)開催)の結果

ここから本文です。

更新日:2019年1月18日

第4回市民ワークショップ(平成30年12月15日(土曜)開催)の結果

平成30年12月15日(土曜)に開催しました市民ワークショップの内容を第3回との合併号としてニューズレターに掲載しました。

SouKeiNEWS No.03(2019年1月)(PDF:2,679KB)(別ウィンドウが開きます)

また、第4回市民ワークショップで出た意見を以下の通りまとめています。

将来像検討結果意見まとめ(PDF:112KB)(別ウィンドウが開きます)

ワークショップの内容【概要】

芦屋の将来像について投票

第4回は、皆さんで出し合った将来像に対し、投票を行ないました。

投票した結果、上位3つの将来像は次の通りでした。

  • みんなの声を活かして 次世代へと人がつながり だれもがイキイキと活躍できる
    情報発信の基地・基盤 『ASHIYA BASE』をつくる
  • 豊かな自然とともに文化を育み 人は輝き 活気あふれる わがまち 芦屋
  • 市民の財産である自然と文化を次世代へ継承し、多様な人々が輝いて活躍できるまち

将来像のブラッシュアップ

3つの将来像に対して、参加メンバー全員で意見を出し合いました。

アウトプット(PDF:192KB)(別ウィンドウが開きます)

議論後に再投票

議論後に再度投票を行ない、

「みんなの声を活かして 次世代へと人がつながり だれもがイキイキと活躍できる
 情報発信の基地・基盤 『ASHIYA BASE』をつくる」

が最多を得票しました。

次回は、今回の議論を基にさらに議論を深め、最終の将来像を決定します。

 基本方針(案)についての投票

第3回までの内容を踏まえ、4つの視点に対する基本方針(案)を事務局で作成しました。

視点 A案 B案 C案
人のつながり 時代に適うネットワーク(でつながれるまち) 人と人、想いと力を「結ぶ」あしや 多様なつながりをつむぎ、芦屋を高める
暮らしやすさ 安らぎと包まりのデザイン(が行き届いたまち) 日々の安心と暮らしやすさを「感じる」あしや だれもが安心に住み続けられる芦屋をデザインする
資源 これまでとこれからの融合(から形作られるまち) まちのたからを「生かす」あしや 古き良きものを活かし、新しい芦屋スタイルをつくる
未来 次代へつなぐ創造(による魅力あるまち) 今日から未来へ希望を「手渡す」あしや 芦屋カラー(らしさ)を次世代につなげる

基本方針(案)(PDF:133KB)(別ウィンドウが開きます)

この中から、今後の芦屋の方針とするべき案について12月24日(月曜)までに参加者の皆さんに投票いただいています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部政策推進課 

電話番号:0797-38-2127

ファクス番号:0797-31-4841

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る