ホーム > 市政 > 施策・計画 > 第5次芦屋市総合計画(策定中) > 第5回市民ワークショップ(平成31年1月19日(土曜)開催)の結果

ここから本文です。

更新日:2019年6月17日

第5回市民ワークショップ(平成31年1月19日(土曜)開催)の結果

平成31年1月19日(土曜)に開催しました市民ワークショップの内容をニューズレターとして掲載しました。

SouKeiNEWS No.04(2019年2月)(PDF:1,396KB)(別ウィンドウが開きます)

第5回市民ワークショップが提案する芦屋市の将来像は

「ASHIYA SMILE BASE」

に決定しました。

ワークショップの内容【概要】

基本方針(案)の説明

第4回ワークショップで提示した3つの基本方針(案)のうち、最多得票を獲得した案を基に、皆さんからいただいた意見を加味して作成した基本方針(案)を説明しました。

視点 基本方針(案)
未来の創造 心弾むまちを未来へつなぐ創造のデザイン
人のつながり 時代に適い、多様に紡がれるネットワーク
暮らしやすさ それぞれが安らぎと包(くる)まりを感じる暮らし
資源 地域資源を活かす、これまでとこれからの融合

「ASHIYA BASE」の意味を確認

第4回で最多得票を獲得した案のうち、「ASHIYA BASE」の意味を付箋に書き出すワークを行ないました。

「ASHIYA BASE」に代わるワードの検討

「ASHIYA BASE」の意味を書き出したうえで、これに代わる言葉がないか、各自付箋に書き出していきました。

将来像の作成

上記の内容を踏まえて、各グループで将来像のフレーズを作成しました。

グループ 将来像 サブタイトル
A みんなで創る 情報の
「芦屋レシピ」(or 「芦屋スープ」)
次世代へと人がつながり
誰もがイキイキと活躍できるまち
B 情報交流の中庭
「あ・し・ば」をつくる
みんなの声を活かして
次世代へと人がつながり
誰もがイキイキできるまち
C ASHIYA RECIPE 世代を超えて多様な素材と
知恵を集め、引き継ぐ
D 暮らしデザイン みんなの声を活かして
次世代へと人がつながり
誰もがイキイキ
情報発信の基地基盤
E ASHIYA NEST みんなの声を活かして
次世代へと人がつながり
誰もがイキイキできる
情報発信の場
F 情報発信のまち「ASHIYA SMILE
 BASE」をつくる
みんなの声を活かして
次世代へと人がつながり
誰もがイキイキと

投票の結果、Fグループの「情報発信のまち『ASHIYA SMILE BASE』をつくる」が最多得票でした。

将来像のブラッシュアップ

ワークショップ参加者全員で最多得票の案をブラッシュアップした結果、将来像は

「ASHIYA SMILE BASE」

に決定しました。

(サブタイトルはワークショップの議論を参考に事務局で作成し、完成後にお知らせいたします。)

最後に

総合計画の策定に向けた市民ワークショップは今回が最後です。

ご出席いただきました皆さまには、総合計画の策定にご協力いただき、また、土曜日、日曜日の貴重なお時間を頂戴し、ありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

shiminworkshop5_groupphoto

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部政策推進課 

電話番号:0797-38-2127

ファクス番号:0797-31-4841

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る