ホーム > くらし > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療の各種手続きには本人確認書類が必要です

ここから本文です。

更新日:2021年3月19日

後期高齢者医療の各種手続きには本人確認書類が必要です

なりすましの防止や個人情報保護のため、各種手続きには本人確認が必要です。

お手続きの際には下記の本人確認書類をご用意ください。

本人確認書類の例

【顔写真付の証明書の例】

マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、住民基本台帳カード、パスポートなど

【顔写真のない証明書の例】

健康保険証、介護保険証、年金手帳、高齢障害者医療費受給者証など

来庁による手続きの場合

保険証の再発行手続き(即日交付)について、本人確認書類は顔写真付の証明書であれば1点、顔写真のない証明書であれば2点必要です。

その他の手続きにつきましては、顔写真の有無にかかわらず1点の本人確認書類でお手続き可能です。

いずれも期限切れの証明書は使用できません。

なお、代理の方が手続きされる場合には、代理人の本人確認書類に加えて被保険者本人からの委任状が必要です。

郵送による手続きの場合

申請書類の他に本人確認書類の写しを同封してください。

マイナンバーカードの裏面の写しは送らないでください。また、保険証の写しを送付される場合は記号・番号を塗りつぶす等見えないようにしてお送りください。

お問い合わせ

市民生活部保険課後期高齢者医療係

電話番号:0797-38-2037

ファクス番号:0797-38-2158

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る