ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療費助成 > 乳幼児等・こども医療費助成制度 > はり灸・あん摩・マッサージ代理受領による委任払制度

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

はり灸・あん摩・マッサージ代理受領による委任払制度

福祉医療費助成制度では、平成26年7月診療分より、はり灸・あん摩・マッサージ代理受領による委任払を始めています。

代理受領による委任払(受領委任払)とは

受領委任払いとは、福祉医療費助成金の受取を施術機関に委任することにより、福祉医療受給者が施術機関に対して福祉医療の一部負担額のみを支払うようにする制度です。
今までは保険診療に係る自己負担(2割または3割)を施術機関に支払った後で、市に支給申請していただき、福祉医療の一部負担金を控除した額を市から還付していましたが、受領委任払いの制度を利用すると、施術機関へは福祉医療の一部負担金分を支払い、残りの医療費については、本市から施術機関に支払いを行なうことになります。

受領委任払いの流れ

申出ができる施術機関

兵庫県内に所在地のある施術機関及び団体に登録されている施術機関がこの制度を利用することができます。

ただし、登録団体に属する会員であっても、兵庫県外の施術機関で施術を受けられている場合は、適用対象外です。

なお、先に保険者分の受領委任の取扱いについて、近畿厚生局へ申請する必要があります。

適用範囲

  • 兵庫県内の施術機関で施術されたものであること
    福祉医療制度の受給者証は、兵庫県外では使用できない(現物給付不可)ことから、兵庫県外の施術機関(出張所含む)については、当該制度は適用できません。
  • 適用される公費の種類
    高齢期移行助成、乳幼児等医療、こども医療、障害者医療及び母子家庭等医療を受給されているかた
  • ただし、下記に該当するかたは、適用対象外です。
    ※高齢障害者医療受給者
    ※後期高齢者医療被保険者の母子家庭等医療受給者

制度利用に係る届出

当該制度を利用するには、事前に施術機関から市役所へ届出いただき、承諾を得ていただく必要があります。届出書類等を確認し、審査の結果、利用可能となった施術機関へは、市役所から承諾通知を送ります。
当該制度利用を希望されるかたは、施術機関へご相談ください。施術機関より市役所へご連絡いただきましたら、届出に係る書類を市役所から施術機関へお送りします。

医療費の支給決定

当該制度を利用された場合、市役所から施術機関に医療費を支給することになりますが、当該支給金額については、福祉医療受給者へも通知します。

支給までの流れ

ページの先頭に戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部地域福祉課福祉医療係

電話番号:0797-38-2076

ファクス番号:0797-38-2160

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る