ここから本文です。

更新日:2020年6月19日

文化財

お知らせ

『「伊丹諸白(いたみもろはく)と「灘の生一本(きいっぽん)」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』が日本遺産に認定されました!!

yodokou伊丹市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市の5市が申請を行なった『「伊丹諸白」と「灘の生一本」 下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』が、令和2年6月19日、日本遺産に認定されました。
芦屋市に所在する日本遺産の構成文化財は、「櫻正宗」の銘柄で知られる灘の酒造家・八代目山邑太左衛門の別邸で、フランク・ロイド・ライト設計の国指定重要文化財ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)と、芦屋市指定文化財芦屋川の文化的景観芦屋川水車絵図(芦屋市立美術博物館所蔵)の3件です。
今後、5市及び県、酒造組合、観光団体等による協議会を設立し、市域を越えて阪神間一体となって、日本酒・酒造に関わる地域の文化財を活用して、地域の魅力を国内外に発信していきます。

日本遺産について

文化庁が、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取り組みを支援するものです。

認定ストーリーの概要

江戸時代、伊丹・西宮・灘の酒造家たちは、優れた技術、良質な米と水、酒輸送専用の樽廻船によって、「下り酒」と称賛された上質の酒を江戸へ届け、清酒のスタンダードを築きました。酒造家たちの技術革新への情熱は、伝統ある酒蔵としての矜持と進取の気風を生み、「阪神間」の文化を育みました。
六甲山の風土と人に恵まれたこの地では、水を守り、米を育てる人々、祭りに集う人々、酒の香漂う酒造地帯を訪れ、蔵開きを楽しむ人々が共にあり、400年の伝統と革新の清酒が造られています。

芦屋市に所在する日本遺産の構成文化財asiyagawa

本市に所在する酒造関連の文化財3件が、今回の日本遺産の構成文化財に含まれています。

  • 国指定重要文化財ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)
    「櫻正宗」の銘柄で知られる灘の酒造家・八代目山邑太左衛門の別邸。大正13年(1924年)しゅん工。鉄筋コンクリート造4階建。近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの設計として世界的に知られている。
  • 芦屋市指定文化財芦屋川の文化的景観
    江戸時代から明治時代にかけて、芦屋川流域に灘五郷の酒米を精米していた水車場群があった面影を残し、構成文化suisyaezu財として国指定重要文化財・ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)も含まれる文化的景観である。
  • 芦屋川水車絵図(芦屋市立美術博物館所蔵)
    安政4年(1857年)。当絵図には、芦屋川にあった約20ヶ所の水車場群とそれらを結ぶ水路等が描かれており、江戸時代終わりころの灘五郷の酒米の精米も行っていた芦屋川の水車場群について知ることができる。

関連サイト

 

パンフレット『精道村のあゆみ―郊外住宅地・芦屋の幕開け―』を刊行しました

精道村のあゆみ芦屋市の前身である精道村のあった時代について紹介したパンフレット『精道村のあゆみ―郊外住宅地・芦屋の幕開け―』を刊行しました。生涯学習課の窓口及びラポルテ市民サービスコーナーにて無料で配布しています。また、芦屋市ホームページ内にてPDFデータを公開していますので、閲覧ください。

PDFデータはこちら

配布場所:芦屋市教育委員会社会教育部生涯学習課の窓口(市役所北館4階)

配布時間:開庁日の午前9時~午後5時30分(お昼休み:正午~午後0時45分を除く)

部数:部数に限りがあるため、お一人様1冊に限らせていただきます。

 

市制80周年記念「芦屋の和洋館よ とわに」展【中止しました】

芦屋の和洋館よとわに展

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、展示を中止します。

市制施行80周年と阪神・淡路大震災25年を機に、震災で失われた芦屋の和洋館を、一般社団法人芦屋和洋館MUSEUMの福嶋忠嗣館長の調査研究に基づき紹介します。

会期:4月1日(水曜日)~5月1日(金曜日)

午前9時~午後5時30分(土曜日・日曜日・祝日を除く)

会場:芦屋市役所北館1階ロビー

 

旧芦屋市営宮塚町住宅の国登録有形文化財の登録が決定しました!

令和2年3月19日(木曜日)に、旧芦屋市営宮塚町住宅(芦屋市宮塚町)が国登録有形文化財に登録されることが決定しました。詳細は添付資料をご参照ください。旧芦屋市営宮塚町住宅

旧芦屋市営宮塚町住宅について(概要版)(PDF:207KB)(別ウィンドウが開きます)

旧芦屋市営宮塚町住宅について(PDF:139KB)(別ウィンドウが開きます)

位置図(PDF:402KB)(別ウィンドウが開きます)

写真(PDF:947KB)(別ウィンドウが開きます)

 

過去のお知らせ

月若遺跡の小銅鐸をつくろう!!【終了しました】

syoudoutaku月若遺跡(月若町)でみつかった弥生時代の小銅鐸。作り方や歴史を学んで、ピカピカに磨いた小銅鐸を作ろう!

チラシ(PDF:248KB)(別ウィンドウが開きます)

日時:令和元年8月19日(月曜日)

【1回目】午前10時~11時【2回目】午後2時~3時

場所三条文化財整理事務所体験学習室

材料費:1,000円

定員:各回10名【先着順】(小学校4年生以下は要保護者同伴)

申込み:下記期間にお電話にて申込みください。(電話番号:0797-23-1175)

【申込期間】8月1日~8月13日午前9時~午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

 

芦屋市内の蝶68種、貝類43種を展示します!【終了しました】

ashiyachou芦屋市内で採集された、絶滅危惧種を含む蝶の標本・貝類の標本を展示します。夏の自由研究に、芦屋の蝶や貝類をじっくり観察してみませんか。

期間:令和元年7月22日~8月29日

日時:上記期間中の月曜日・木曜日

午前10時~午後4時

場所三条文化財整理事務所体験学習室

 

 

パンフレット『芦屋の近代建築』を刊行しました

阪神間モダニズムの中で築かれた市内の主な近代建築を紹介したパンフレット『芦屋の近代建築』を刊行しました。生涯学習課(市役所北館4階)の窓口で無料で配布しています(お一人様1冊まで)。

配布場所:芦屋市教育委員会社会教育部生涯学習課の窓口(市役所北館4階)

配布時間:開庁日の午前9時~午後5時30分(お昼休み:正午~午後0時45分を除く)

 

部数:部数に限りがあるため、お一人様1冊に限らせていただきます

【掲載している近代建築】

(1)国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)

(2)国登録有形文化財芦屋仏教会館

(3)国登録有形文化財旧芦屋郵便局電話事務室(芦屋モノリス)

(4)国登録有形文化財旧松山家住宅松濤館(芦屋市立図書館打出分室)

(5)滴翠美術館(旧山口吉郎兵衛邸)

(6)芦屋警察署(旧庁舎正面玄関)

 

「ヨドコウ迎賓館ワンダースポット探検!」を開催します!【終了しました】

日時:平成31年3月28日(木曜日)午後1時30分から午後4時

会場:ヨドコウ迎賓館

内容:ヨドコウ迎賓館を探検し、おもしろ(ワンダー)スポットを見つけます

対象:市内在住の小学校3~6年生(要保護者同伴・1人)15人(応募多数の場合は抽選)

持ち物:デジタルカメラ(スマートフォン可)

講師:前畑洋平氏(NPO法人J-heritage)・小國陽佑氏(NPO法人芸法)

申し込み:2月28日までに下記申し込みページから申し込み

申し込みページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)保存修理工事完成記念シンポジウム「旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)と阪神間モダニズム」を開催します!【終了しました】

芦屋市山手町に所在する国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)は、フランク・ロイド・ライトが設計した近代建築として世界的に知られています。保存修理工事のため、長らく休館していましたが、平成31年2月16日にリニューアルオープンします。これを機に、旧山邑家住宅の価値や魅力を再発見し、地域のまちづくりに生かす方法を考えるシンポジウムを開催します。

 

チラシ表(PDF:649KB)(別ウィンドウが開きます)

チラシ裏(PDF:544KB)(別ウィンドウが開きます)

日時:平成31年3月16日(土曜日)午後1時30分~4時30分(午後1時開場)

会場:芦屋市民センタールナ・ホール(兵庫県芦屋市業平町8番24号)

定員:600名(先着)

参加費:無料

申し込み方法:平成31年2月28日(木曜日)までに、下記の方法で申し込み【往復はがきの場合、必着】。

(1)下記申し込みページまたはチラシ・ポスター掲載の二次元コードより申し込み。

申し込みページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

(2)往復はがき(1通につき1人まで)の往信面に、郵便番号・住所・氏名・電話番号を、返信面に、あて名・あて先をご明記の上、まで)ご明記の上、下記申し込み先へ送付。

【申し込み先】

〒659-8501兵庫県芦屋市精道町7番6号 芦屋市教育委員会生涯学習課(記念シンポジウム担当)

内容

(1)記念講演

「旧山邑家住宅と阪神間の近代建築の魅力」

足立裕司氏(神戸大学名誉教授・重要文化財旧山邑家住宅保存修理工事委員会委員長)

(2)基調報告

「阪神間モダニズムと芦屋」

三宅正弘氏(武庫川女子大学准教授)

「大谷石―近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトが愛した日本らしいニッポンの石材」

橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)

「まちの魅力再発見!文化財を活用したまちづくり」

村上佳代氏(文化庁地域文化創生本部事務局文化財調査官)

(3)シンポジウム

コーディネーター:三宅正弘氏
パネリスト:足立裕司氏、橋本優子氏、村上佳代氏、阪本昌英氏(株式会社淀川製鋼所IR室PRグループリーダー)、島津久夫(芦屋市企画部主幹(施設政策担当課長))、竹村忠洋(芦屋市教育委員会学芸員)

 

国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)がリニューアルオープンしました!

 

芦屋市山手町に所在する国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)は、平成28年11月より、保存修理工事のため休館していましたが、平成31年2月16日にリニューアルオープンします。

リニューアルオープンに伴い、さまざまなイベントが開催されます。是非ともご来館ください。

イベントの詳細については、下記リンクをご覧ください。

なお、この工事費の一部は、あしやふるさと寄附金を活用させていただいています。ふるさと寄附金の趣旨をご理解いただき、是非、ご協力ください。

ヨドコウ迎賓館ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

記念シンポジウム「ヨドコウ迎賓館と阪神間モダニズム」

国指定重要文化財ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)について(別ウィンドウが開きます)

あしやふるさと寄附金について(別ウィンドウが開きます)

 

「遺跡×ミュージック♪会下山遺跡オカリナミニコンサート」を開催します!【終了しました】

国指定史跡会下山遺跡で、オカリナミニコンサートを鑑賞し、学芸員の解説で遺跡と出土品の展示を見学します。秋の一日、オカリナの音色に耳を傾けながら、弥生時代に思いを馳せてみませんか。

「遺跡×ミュージック♪会下山遺跡オカリナミニコンサート」チラシ(PDF:456KB)(別ウィンドウが開きます)

日時:平成30年11月11日(日曜日)午後1時30分~3時30分

場所:国指定史跡会下山遺跡復元高床倉庫前(芦屋市三条町258)

雨天の場合は三条文化財整理事務所(芦屋市三条町39-20)

集合:午後0時30分に、阪急芦屋川駅北側広場へお集まりください。(現地集合も可)

申込み:不要

演奏者:ふくの会(芦屋川カレッジ29期)オカリナ同好会・芦屋川カレッジ30期会オカリナ同好会オカリナ同好会

 

市内の文化財

 

 

芦屋市内の見学できる指定文化財

市内の展示施設・資料室

三条文化財整理事務所

歴史資料展示室(芦屋市立美術博物館内)

展示品については、入れ替えがあります。
美術博物館公式HP(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

朝日ケ丘遺跡出土品展示コーナーと市内遺跡パノラマ

朝日ケ丘集会所は月曜日休館。見学の場合は、午前中に電話で連絡をしてください。
問い合わせ…朝日ケ丘町30番9号(電話番号0797-23-4896)

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育部生涯学習課文化財係

電話番号:0797-38-2115

ファクス番号:0797-38-2072

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る