ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

文化財

お知らせ

徳川大坂城東六甲採石場のパンフレットを配布しています!!

saisekibapamphgazou徳川大坂城東六甲採石場を紹介するパンフレットを無料で配布しています。芦屋市内で見学できる「残念石」なども紹介していますので、是非ともご覧ください。

  • 配布場所:生涯学習課窓口(市役所北館4階)
  • 配布時間:開庁日の午前9時~午後5時30分(正午~午後0時45分を除く)

※部数に限りがあるため、お一人様1部に限らせていただきます。

なお、下記よりPDF版もご覧いただけます。

徳川大坂城東六甲採石場パンフレット(PDF:6,998KB)(別ウィンドウが開きます)

関連ページ

 

三八通り商店街アーカイブ・ダンジョン~昔の写真の撮影場所を探しました!~

三八通り商店街(芦屋市茶屋之町・大桝町)で、昭和初期~昭和30年代に撮影された写真の撮影場所を探してみました。街中に残るヒントを見つけながらまちを歩くことで、昔のまちなみに思いを馳せたり、新しいまちの魅力を発見をすることができました。

特定した撮影場所と写真を下記外部サイトで公開しています。

芦屋市デジタルフォトアーカイブ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

また、芦屋の歴史文化遺産デジタルアーカイブで、昔の芦屋の写真の一部をご覧いただけます。

 

是非、昔の写真の撮影場所を探してみてください。

ArchiveDungeon01ArchiveDungeon03

 

 

 

 

 

 

 

ArchiveDungeon02

ArchiveDungeon04

 

 

 

 

 

 

 

実施日:令和4年3月5日(土曜日)

実施者:芦屋の歴史文化遺産を未来へつなぐプロジェクト(芦屋市市制施行80周年記念事業ワーキングチーム)

協力:あしやらへん編集部

 

「芦屋のモダニズム建築VR」VRゴーグルを配布します!

VRgogglesヨドコウ迎賓館など、芦屋の名建築をスマートフォンから見学できる「芦屋のモダニズム建築VR」。バーチャルツアーをより楽しむことができるVRゴーグルを、下記の施設を利用される方に配布します。

市立美術博物館のみ、施設利用不要で入手できます。

「芦屋のモダニズム建築VR」についてはこちらをご参照ください。

配布開始日時:令和3年10月1日(金曜日)~※なくなり次第終了

配布施設

 

「芦屋のモダニズム建築VR」が公開されました!

yodoko_VR

芦屋のモダニズム建築のVRコンテンツが公開されました。スマートフォンから芦屋の名建築を見学することができます。

VRコンテンツが作成された歴史的建造物は、次の3件です。

  1. 国指定重要文化財 ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)
  2. 国登録有形文化財 旧芦屋郵便局電話事務室(芦屋モノリス)
  3. 国登録有形文化財 旧芦屋市営宮塚町住宅

下記リンクまたはQRコードから視聴してください。

芦屋のモダニズム建築VR(株式会社ハコスコ)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ashiyaVR_QRcode※スマートフォンの機種によっては視聴できない場合があります。

帯域制限回避のため、Wi-Fi接続でのご利用をおすすめします。

視聴方法については、下記PDFをご参照ください。

「芦屋のモダニズム建築VR」の視聴方法について(PDF:128KB)(別ウィンドウが開きます)

 

阿保天神社力石を芦屋市指定文化財に指定しました!

阿保天神社力石令和3年4月8日(木曜日)に、阿保天神社力石を芦屋市指定文化財に指定しました。詳細は下記リンクをご参照ください。

阿保天神社力石について(別ウィンドウが開きます)

 

 

 

市内の展示施設・資料室

三条文化財整理事務所

歴史資料展示室(芦屋市立美術博物館内)

展示品については、入れ替えがあります。
美術博物館公式HP(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

朝日ケ丘遺跡出土品展示コーナーと市内遺跡パノラマ

朝日ケ丘集会所は月曜日休館。見学の場合は、午前中に電話で連絡をしてください。
問い合わせ…朝日ケ丘町30番9号(電話番号0797-23-4896)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

教育委員会社会教育部生涯学習課文化財係

電話番号:0797-38-2115

ファクス番号:0797-38-2072

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る