ホーム > 防災・安全 > 防災 > 市の災害対策 > 防災総合訓練 > 平成21年度防災総合訓練

ここから本文です。

更新日:2014年12月5日

平成21年度防災総合訓練

平成21年度芦屋市防災総合訓練

日時

平成21年8月29日(土曜日)
10時~正午(警報発令時は中止)

場所

南芦屋浜地区  フリーゾーン(南芦屋浜東端・海洋町地内)

1  目的

防災関係機関と地域住民が連携し、社会状況を踏まえた災害時における応急対策を迅速かつ適切に行なうことによって、被害の軽減と住民の防災意識の高揚を図り、災害から住民の生命・財産を守ることを目的とする。

2  訓練想定

平成21年8月29日午前10時00分、紀伊半島沖を震源とする、マグニチュード8.4の地震が発生し、芦屋市において震度6強を観測。

この地震により、木造家屋の倒壊により救助を求める者や負傷者が多数発生し、道路の寸断や通信、電気、ガス、水道施設などライフラインに
大きな被害が発生、市内では大規模事故も起こり、津波による被害も懸念されている。

3  参加人員及び出動車両

参加人員

約1,000名

出動車両

36台

船艇

2雙

ヘリ

1機

訓練会場の位置図 写真:訓練の様子

プログラム

発災直後の市民活動訓練
被害状況情報収集訓練

心肺蘇生・応急手当・初期消火・救出訓練・通報訓練・避難誘導・ヘリコプターによる被害状況確認

救援物資搬送訓練
応急給水訓練

救援物資を受け取り避難所へ搬送
給水車及びトラックによる応急給水

道路啓開訓練

緊急輸送路の確保として道路啓開

通信復旧訓練

被災地域及び避難所へポータブル衛星車載車による回線作成
応急野外線による回線開通及び特設公衆電話の設置
広報車による特設公衆電話の広報活動

資材搬入訓練
水防工法訓練

水防工法用資機材の調達と運搬
土のう三段積み工法 1t土のう

地震災害救出救護訓練

地震による半壊マンション・倒壊家屋及び事故車両からの救出
女性消防団員による避難誘導と応急処置

一斉放水訓練

同時多発火災の一斉消火

訓練終了

本部長による講評

詳しくはこちらをご覧ください。

平成21年度芦屋市防災総合訓練プログラム(PDF:381KB)(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部防災安全課 

電話番号:0797-38-2093

ファクス番号:0797-38-2157

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る