ホーム > 防災・安全 > 消防 > 知識・予防 > 停電時の火の使用にご注意を!

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

停電時の火の使用にご注意を!

夜間のろうそくの使用

停電時、あかり取りの目的で、屋内でろうそくなどの裸火はなるべく使わないでください。被災等の疲れから注意が行き届かないことがあります。もしお手元にあればLED懐中電灯などをご使用ください。

避難時のブレーカー

避難等でご自宅を離れるときは、できる限りブレーカーを落としてください。太陽光発電装置のブレーカーも同様に落とすようにしてください。

停電復旧後

停電から復旧する時は、ブレーカーを戻す前に、電気機器や配線器具などが濡れていないか確認してください。特に床上浸水した住宅では漏電や火災、感電に注意してください。

停電後のタイマー

停電の後は、タイマーがずれて、予期せぬタイミングで電気機器が作動することがあります。復旧後は熱源機器等のタイマーの状態も確認してください。

太陽光発電からの電力供給

太陽光発電装置は、周囲が停電中でも日が当たると発電します。特に床上浸水した住宅では漏電や火災、感電に注意してください。

お問い合わせ

消防本部警防課警防係

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る