ホーム > 防災・安全 > 消防 > 知識・予防 > 119番通報と現場活動が5カ国語対応になりました

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

119番通報と現場活動が5カ国語対応になりました

119番通報と現場活動が5カ国語対応になりました

芦屋市消防本部では、芦屋市を訪れる外国人観光客や市内在住の日本語を話すことが難しい外国人からの119番通報や現場活動でのコミュニケーションを、民間通訳サービスのコールセンターと3者通話で同時通訳することで、119番通報と現場活動が5カ国語対応になりました。

多言語通訳サービスの内容

サービスの概要

日本語を介してのコミュニケーションが困難な外国人からの119番通報及び現場活動の通訳について、対応を円滑に行なうための、民間通訳業者による多言語サービスです。

119番通報であれば、外国人通報者と通訳サービスコールセンターと通信指令室との3者通話で同時通訳することで119受信業務を支援します。

現場活動であれば、消防隊員の携帯電話を利用し通訳サービスコールセンターに電話し、外国人と消防隊員は携帯電話の受渡しもしくはスピーカーを利用したハンズフリー通話で3者間の同時通訳を行なうことで現場活動業務を支援します。

サービス開始日

平成28年4月1日

対応時間

24時間365日

対応言語

5か国語対応で、安全・安心の向上につなげることができます。

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • スペイン語

 

お問い合わせ

消防本部警防課通信装備担当(通信)

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

ページの先頭へ戻る