ホーム > くらし > 男女共同参画 > 『女性が輝くまち芦屋』プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2021年9月15日

『女性が輝くまち芦屋』プロジェクト

『女性が輝くまち屋』プロジェクトは、就業・起業する場合に家庭の状況が大きく影響する子育て世代(20代~40代)の女性を対象に、子育てに有用な情報の提供や多様な働き方、活躍の場の提案など、個々の状況に応じた包括的な支援を展開することにより、女性の活躍を促すものです。
また、自らの経験を地域に還元し、地域の活性化を図ろうとするもので、地域の力による継続性のある事業を目標としています。

ASHIYARESUME(芦屋リジューム)

ロゴをクリックすると、外部サイトへリンクします。(別ウィンドウが開きます)

ASHIYARESUMEロゴに込められた想い

ふたたび自らの意志で行動を起こしていく再生の意志をアイコン化。
色とりどりの個性(人)と、職住近接のもと生まれる多様な働き方や仕事が、
より良い姿、カタチ(結晶体)となって
芦屋のまちとともに調和しながら光を放つ様をシンボライズしました。

女性ひとりひとりが活躍し調和するまち芦屋を目指し、『ASHIYARESUME(アシヤリジューム)』を開始します。
主として出産や育児で就労を中断した後、資格やスキルがありながら家庭の事情により、就労等の復帰ができない女性たちを対象に、女性の多様な働き方を提案し、個々の状況に合わせた支援を行ないます。登録制により、子育てと仕事の両立や再就労・起業をサポートし、女性活躍を推進しようとするものです。
支援の対象となる、就労・起業等を希望する女性にプロジェクトに登録していただき、個々の状況に合わせた支援を開始します。併せて、市内協力事業者により地域でサポートする体制づくりを構築します。

ASHIYARESUMEsalon

ASHIYARESUMEsalonは私らしく働くための第一歩として、自分自身と向き合える場です。企業勤めの方も、フリーランスとして何かを始めたい方も、すでに事業や活動を実践中の方も、前に進むきっかけを掴みに来ませんか?
1人で考え、悩むのではなく、ゲストからのトークや参加者同士で意見・情報交換をしながら、多様な生き方や働き方、価値観に触れられるのがsalonの魅力。
今向き合っている課題や状況に合ったsalonにご参加ください。

ASHIYARESUMEsalon02「届けたい相手に届きますように、SNSを使ったわたしの広報戦略」【リアル開催】

「Facebook・Instagramのアカウントはつくってみたものの、うまく活用できていない」「イベントやセミナー開催の情報をどうやって発信すればいいのだろう」と悩んでいる方へ。

今回のプログラムでは、Facebook社#起業女子プロジェクト兵庫担当トレーナーでもある、NPO法人さんぴぃす河口さんをゲストにお招きします。各地でSNSの活用、WEBマーケティングセミナーを開催されている河口さんから、SNSはもちろん、チラシなどの紙媒体まで、「ツール」の特性を理解して、「だれに」「何を」伝えたいのかを整理するコツについて学んでいきます。

ターゲット設定や地域での情報発信の仕方について学びを得る中で、「そもそも自分は何をしたいのか」を振り返りながら、地域における『わたしの広報戦略』を一緒に考えませんか。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、オンラインでの開催に切り替える場合があります。

日時 11月1日(月曜日)午前10時~12時30分
対象者 SNSを活用した活動や事業に関する情報発信をしたい、あるいは集客・PRに悩まれているかた。原則、芦屋市在住・在勤の女性。
場所 男女共同参画センターウィザスあしや大会議室
費用 500円
定員 先着10名(要申し込み)
一時保育 0歳6か月から3歳までのお子さん(要申し込み)
申込方法

下記のURLより受付。

https://ashiya-resume.jp/news/2021-salon-once02/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ASHIYARESUMEsalon03「年齢に縛られずやってみたい、地域で始めるわたしのやりたいこと」【リアル開催】

「経験や趣味などを活かして、やってみたいことがある。」
「地域で、自分にできることでなにかを始めてみたい」

長年続けた仕事や活動が定年などで一区切りついた方や自分の得意なことや経験を活かして活動を始めようとしておられる方に向けたsalon第3弾。

自分を応援してくれる仲間や「これなら自分にもできるかもしれない」と気持ちを支えてくれる考え方や言葉に出会いませんか。
まだまだ続く人生の後半ステージ。新しく何かに挑戦してみたい、やってみたい。そんな自分の想いや悩みをゲストや参加者と一緒に語り合いましょう。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、オンラインでの開催に切り替える場合があります。

日時 12月13日(月曜日)午前10時~正午
対象者 趣味や経験を活かして、何かに挑戦してみたい、やってみたいことがあるかた。原則、芦屋市在住・在勤の女性。
場所 リードあしやオープンスペース
費用 500円
定員 先着10名(要申し込み)
申込方法

下記のURLより受付。

https://ashiya-resume.jp/news/2021-salon-once03/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ASHIYARESUMEsalon04「わたしを労わる生き方、子育て中のモヤモヤ解消ワークショップ」【リアル参加・オンライン同時開催】

子どもの成長とともに、目まぐるしく変化していく日々の暮らしの中で

「これからの自分の働き方・暮らし方について考えたい。」
「子どもと過ごす時間も大事にしながら、自分の得意なことを発揮したい。」
「無理をせず、自分にできる範囲で仕事をしつつ、子育ても楽しみたい。」

そうした気持ちはあるものの、自分自身のことをゆっくり考える時間がない。いずれは子育てしながら働きたいと思っているけれど、自信がないという方に向けたsalonを開催します。今回のプログラムでは、子どもと過ごす時間も大事にしながら、フリーランス・お店を経営しながら働く先輩ママおふたりをゲストにお迎えします。

ゲストから仕事や育児についての経験談を聞くだけでなく、グループワークを通じて同じ境遇の他の参加者と子育て中の悩みなどをざっくばらんに語り合いながら、子育て中の『わたしのモヤモヤ解決策』を見つけませんか。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、オンラインでの開催に切り替える場合があります。

日時 令和4年1月19日(水曜日)午前10時~12時30分
対象者 0歳から3歳ごろのお子さんをお持ちで、子育てしながら現在働いている・働きたいを考えているかた。原則、芦屋市在住・在勤の女性。
場所

リアル開催:男女共同参画センターウィザスあしや大会議室

オンライン開催:Zoomを使用します。

費用

リアル開催:500円

オンライン開催:無料

定員 リアル・オンラインともに6名(要申し込み)
一時保育 0歳6か月から3歳までのお子さん(要申し込み)
申込方法

下記のURLより受付。

https://ashiya-resume.jp/news/2021-salon-once04/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

 ASHIYARESUMEsalon連続プログラムわたしらしさを大解剖!生きる・働くを見つける1stステップー過去・現在から紐解くわたしスタイルー

ASHIYARESUMEsalon連続プログラムとは、

「今後のために何か動き出したい」が、「私の魅力やできることは何だろう?」と考えている方へ。

1人で考え、悩むのではなく、キャリアコンサルタントによるワークやフィードバック、参加者同士での意見・情報交換で、新たな「わたし」を発見してみませんか?
あなたが自分自身と向き合い、未来へと晴れやかに行動できるようなきっかけとなる、全4回の連続プログラムを実施します。

詳細や申し込みについては、ASHIYARESUMEホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

01/わたしの生き方・働き方発見!わたしらしさを紐解くワークショップ
内容 今の「わたし」を形作っている過去の「経験」や「感じたこと」を、自身で理解し新たな「わたし」の一面を発見するワークを行ないます。8月31日(火曜日)初回のみ連続プログラムの体験会(会場・オンライン同時開催)を実施します。
日時 8月31日(火曜日)午前10時~12時30分
会場 オンライン(Zoom)に変更
02/今の「わたし」を整理し、自分の魅力・強みを再発見しよう!
内容 「わたし」の得意なこと、苦手なことを掘り下げ、今の「わたし」にできることを整理するワークを行ないます。
日時 9月21日(火曜日)午前10時~12時30分
会場 オンライン(Zoom)に変更
03/未来のなりたい姿を描き出す!「わたしらしく」生きる第一歩
内容 01、02のワークをふまえつつ、これまでの自分の肩書きや立場に囚われず、「わたし」が未来に向け「何をしていきたいのか?」を考え、04の内容に繋げるワークを行ないます。
日時 10月12日(火曜日)午前10時~12時30分
会場 work and place(芦屋市船戸町5番26号マリアキャリーヌビル2階)
04/「わたしらしい」未来へと歩みだす計画を考えよう!
内容 「わたしらしく」未来へ歩みだしていくために、目標を言語化し、あなたができる範囲のことから始められる計画表を作成するワークを行ないます。
日時 11月2日(火曜日)午前10時~12時30分
会場 work and place(芦屋市船戸町5番26号マリアキャリーヌビル2階)

ロールモデル座談会

起業女性に聞いてみた「事業を継続させる3つのポイント」

自分のやりたいことを仕事にして活躍される女性起業家の方に憧れている方も多いと思います。強い思いや、覚悟を持って事業に取り組まれている姿はキラキラ輝くかっこよさを感じますが、家族との向き合い方や、ライフスタイルに応じて柔軟に働き方を変えていかれる様子を知ると一気に身近な存在に思えます。
芦屋を中心に阪神間で起業をされている女性3名に、息の長い経営を行なう上での考え方や、取り組みなど事業を継続させるために大事なこと3つの切り口からお話いただきました。
ふだんはイベント形式ですが、より広くお話を届けたいと、動画を作成いたしました。
詳しくは下記のURLからご覧ください。

https://ashiya-resume.jp/news/salon-07-rolemodel/

石造りの住宅をリノベーション

昭和28年に建築された「旧宮塚町住宅」は、市営住宅としては非常に珍しい石造りの建物です。
文化的価値の高いこの建物を、「女性活躍」と「地域の情報発信の場」としてリノベーションします。
古き良き財産を活用し、新たな価値と町のにぎわいを創出する取組を活用して進めます。

旧宮塚町住宅の農園「CITYFARMCLUB」の利用希望者の追加募集

募集終了しました。

芦屋の旧宮塚町住宅の北側敷地にて、2020年春から「CITYFARMCLUB」と題した農業クラブの運営がスタートしています。
この農園は、都市で食べものを育てること、農作業を体験すること、そして作業を通じて食べ物の大切さを感じることを目的としています。今回、空き枠が出ましたので3月からの利用希望のメンバーを募集します。
詳しい募集概要などは下記神戸R不動産ホームページからご覧ください。

神戸R不動産ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

〈開催済〉旧宮塚町住宅見学会

前日からの雨模様で足元が心配された中、見学時間には雨脚が止まり、無事に17時から見学会を行なうことができました。見学会には多くの申し込みがあったため、3班に分かれて開催しました。建物の説明を受けたあと、各自自由に建物の見学を行ないました。
トークセッションでは、『市民参画について』『活躍について』という2つのテーマについてトークが展開されました。
トークセッション終了後、参加者同士、ゲストと参加者の交流会が開かれました。
詳しくは下記のニュースレターをご覧ください。

ニュースレター(PDF:1,620KB)(別ウィンドウが開きます)

〈開催済〉【旧宮塚町住宅の活用】市民ワークショップ

ワークショップに参加して、旧宮塚町住宅とあなたの「これから」を創りませんか?

旧宮塚町住宅の改修後、そこで生き生きと活躍するのはあなたであってほしい。
そのための話し合いと学びのワークショップを5回にわたり開催しています。
各回の内容につきまして、ニュースレターをご確認ください。

ワークショップ開催日とテーマ

第1回

9月28日
(金曜日)

あなたのしたいことを再確認しよう! 第1回ニュースレター(PDF:1,256KB)(別ウィンドウが開きます)
第2回

10月19日
(金曜日)

あなたが求められていることはなに? 第2回ニュースレター(PDF:1,107KB)(別ウィンドウが開きます)
第3回

11月8日
(木曜日)

気になるケースをリサーチしよう! 第3回ニュースレター(PDF:1,008KB)(別ウィンドウが開きます)
第4回

11月30日
(金曜日)

どうすればできるかを考えよう! 第4回ニュースレター(PDF:2,505KB)(別ウィンドウが開きます)
第5回

12月14日
(金曜日)

自分の「これからプラン」を発表しよう! 第5回ニュースレター(PDF:2,014KB)(別ウィンドウが開きます)

申し込み・お問い合わせは・・・

  • 芦屋市男女共同参画センターウィザスあしや
    〒659-0064芦屋市精道町8番20号
    電話番号:0797-38-2518ファクス番号:0797-38-2175
    e-mail:josei-ce@city.ashiya.lg.jp

お問い合わせ

市民生活部人権・男女共生課男女共生係

電話番号:0797-38-2023

ファクス番号:0797-38-2175

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る