ホーム > くらし > 届出・証明 > マイナンバーカード(個人番号カード)・電子証明書の有効期限到来のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年8月6日

マイナンバーカード(個人番号カード)・電子証明書の有効期限到来のお知らせ

お知らせ

電子証明書のシステムに全国的にアクセスが集中した場合、更新に時間がかかる場合がありますので、恐れ入りますがお時間に余裕をもってお越しください。

更新手続きは、有効期限を経過してからでも無料で実施しています。

週明けや午前中などは来庁者が多数お越しになるため、窓口が大変混み合いますので、お時間をいただく場合があります。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため窓口の混雑緩和にご協力ください。

市役所へお越しの際は、咳エチケットや手洗いなどの感染予防をお願いします。

有効期限の到来について

マイナンバーカード(個人番号カード)・電子証明書の有効期限が近づいている方に、随時、地方公共団体情報システム機構よりお知らせが送付されています。

新型コロナウイルス感染防止及び全国的なシステムへのアクセス集中回避のため、有効期限到来のお知らせが通常より遅れています。通知前にお手続きをご希望の場合、本人が来庁される場合は、マイナンバーカード・暗証番号入力・本人確認書類(暗証番号再設定の場合のみ)があれば手続きできます。代理人が来庁される場合は、市民課から送付する「暗証番号再設定を兼ねた照会書兼回答書」が必要です。代理人手続きの場合は、お手数ですが、事前に市民課マイナンバー担当までお問い合わせください。
まずは、ご自身のマイナンバーカード(個人番号カード)の表面をご確認ください。マイナンバーカード(個人番号カード)の電子証明書の有効期限の3ヶ月前から、電子証明書の有効期限の更新のお手続きが可能です。
なお、手数料は無料です。ただし、有効期限をむかえるマイナンバーカードの返納がない場合は、再発行手数料(マイナンバーカード800円、電子証明書200円)がかかります。

【地方公共団体情報システム機構からのマイナンバーカード又は電子証明書有効期限通知書の差出予定日】

現在、有効期限通知書が遅れていますので、今後の予定をお知らせします。(随時更新します。)

マイナンバーカード有効期限通知

有効期限到来日 差出予定日
令和2年8月有効期限切れ 6月下旬
令和2年9月有効期限切れ 7月上旬
令和2年10月有効期限切れ 8月上旬

 

電子証明書有効期限通知 

有効期限到来日 差出予定日
令和2年8月有効期限切れ 7月上旬~8月上旬
令和2年9月有効期限切れ 8月中旬~8月下旬
令和2年10月有効期限切れ 未定 

 有効期限

 

地方公共団体情報システム機構からの送付物

すべて、右の封筒に同封されています。

地方公共団体情報システム機構からの通知書

 

 

 

 

マイナンバーカード(個人番号カード)の有効期限が近づいている方は

同封されている有効期限通知書を使用して、カードの更新のお手続き(下記のうちいずれか)が可能です。

申請方法(PDF:570KB)(別ウィンドウが開きます)

  • スマートフォン(有効期限通知書の交付申請用QRコードが必要です。)
  • パソコン(有効期限通知書に記載された申請書ID(数字23けた)が必要です。)
  • 証明用写真機(有効期限通知書の交付申請用QRコードが必要です。)
  • 郵送

詳しいお手続き内容については、右のチラシをご覧ください。
※上記のお手続きがご不明な場合は、市役所窓口(芦屋市役所本庁舎北館1階市民課6番窓口)でもお手続きいただけます。市役所でのお手続きを希望されるかたは、マイナンバーカード(個人番号カード)のページをご覧ください。

電子証明書の有効期限が近づいている方は

下記の必要なものをお持ちになって、芦屋市役所本庁舎北館1階市民課6番窓口にお越しください。電子証明書の更新手続きを行ないます。なお、更新は有効期限の3か月前から可能です。

必要なもの(ご本人が来庁される場合)

  • マイナンバーカード
  • 交付時に設定した暗証番号の入力が必要です。
  • J-LIS(地方公共団体情報システム機構)からの通知書類(お持ちの方のみ)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、年金手帳など。暗証番号の再設定が必要となった時のみ)

必要なもの(代理人が来庁される場合)(暗証番号がわかる場合)

  • 本人のマイナンバーカード
  • 照会書兼回答書(地方公共団体情報システム機構からの通知書類に同封)
  • 照会書兼回答書封入用封筒(地方公共団体情報システム機構からの通知書類に同封)
  • 代理人の本人確認書類(注釈1)よりA1点

地方公共団体情報システム機構からの通知がまだの方は、「暗証番号再設定を兼ねた照会書兼回答書」が必要ですので、下記までご連絡ください。

必要なもの(代理人が来庁される場合)(暗証番号がわからない場合)

照会書兼回答書に記載されている暗証番号が、現在設定されている暗証番号と異なった場合は、暗証番号再設定のお手続きが必要になります。その場合、市民課より、ご本人の住所地に「暗証番号再設定を兼ねた照会書兼回答書」を送付しますので、暗証番号がご不明な場合は、下記までご連絡ください。(事前に「暗証番号再設定を兼ねた照会書兼回答書」を送付します。)
再設定と更新を行なう際は、必要なものが上記と異なりますので、ご注意ください。

  • 本人のマイナンバーカード
  • 本人の本人確認書類1点(運転免許証、旅券、健康保険証等)
  • 市民課より送付された「暗証番号再設定を兼ねた照会書兼回答書」
  • 照会書兼回答書封入用封筒(地方公共団体情報システム機構からの通知書類に同封)
  • 代理人の本人確認書類(注釈1)よりA2点もしくはA1点+B1点

(注釈1)本人確認書類の具体例

A:マイナンバーカード、運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真つき)、在留カード、特別永住者証明書、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳

B:健康保険証、介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、年金手帳、医療受給者証など

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課マイナンバー制度担当

電話番号:0797-38-2070

ファクス番号:0797-38-2156

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る