ホーム > 防災・安全 > 救命 > 救急車の適正利用について!

ここから本文です。

更新日:2022年12月2日

救急車の適正利用を考えよう!!

〇救急車を利用するにあたっての問題!

救急車出動件数が増加し続けている中、軽傷者などによる救急車の安易な利用によって、緊急搬送が本当に必要な方のもとへの到着の遅れが全国的に問題となっています。

〇芦屋市の救急出動状況

令和3年中の救急出場件数は4,887件で、前年の4,699件に比べ188件(4.0%)増加。搬送人員は4,345人で、前年の4,168人に比べ177人(4.2%)増加。

救急出場件数の推移については、平成23年以降、右肩上がりの増加傾向を顕著に示しており、平成30年には出動件数及び搬送人員が最多となりました。しかし、令和元年以降は一時減少し、令和3年以降は再度増加しています。

令和3年救急出場件数のグラフ

〇このような考え方で救急車を呼んでいませんか!?

  • 病院までの交通手段がないから。本当に緊急ですか?
  • 今日は入院日だから。
  • タクシーだとお金がかかるから。
  • 救急車で行くと早く診てもらえるから。
  • 自分で病院を探すのが面倒だから。

 

救急車は、事故などによる大けがや急病などで、緊急に病院で診察が必要な人のためのものです。尊い命を救うために、市民の皆さまのご協力をよろしくお願いします。

 

〇救急車が必要なときってどんなとき??

救急車が必要な状態ってどんな症状なんだろう?分かりやすくしたリーフレット是非ご確認ください。

↓↓このような症状がでたらすぐに119番通報してください!!

救急車利用リーフレット|救急お役立ちポータルサイト|総務省消防庁(fdma.go.jp)(外部サイトへリンク)

【成人用】救急車リーフレット【成人版】救急車リーフレット↓↓(ダウンロード)

https://www.fdma.go.jp/publication/portal/items/portal009_seijim_pdf.zip(外部サイトへリンク)

【高齢者版】救急車リーフレット【高齢者版】救急車リーフレット↓↓(ダウンロード)

https://www.fdma.go.jp/publication/portal/items/portal009_kourei_pdf.zip(外部サイトへリンク)

【小児用】救急車リーフレット【子ども版】救急車リーフレット↓↓(ダウンロード)

https://www.fdma.go.jp/publication/portal/items/portal009_kodomo_pdf.zip(外部サイトへリンク)

救急車の適正な利用とは、本当に必要だと判断した場合には救急車をためらわないで呼ぶことであり、どんな状況でも救急車を全く呼ばないことではありません。

 

〇119番通報した時何を伝えればいいの!?

119番通報した時何をつたえたらいいの!?救急車が来たとき何を伝えたらいいの↓↓(ダウンロード)

https://www.fdma.go.jp/publication/portal/items/portal009_hutai02_pdf.zip(外部サイトへリンク)

 

〇救急車が来たとき何を伝えたらいいの!?

救急車が来たとき何を伝えたらいいの!?救急車が来たとき何を伝えたらいいの!?↓↓(ダウンロード)

https://www.fdma.go.jp/publication/portal/items/portal009_hutai01_pdf.zip(外部サイトへリンク)

〇救急安心センターこうべ救急相談ダイヤル「♯7119」

お腹が痛い....救急車を呼んだ方がいい?どこの病院が診てくれんだろう??このように今診てくれる病院が分からない時や、救急車を呼ぼうか迷った時に24時間年中無休で、いつでも相談を受け付ける救急相談ダイヤルです。

《電話番号》♯7119(プッシュホン回線、携帯電話、公衆電話)

《電話番号》078-331-7119(ダイヤル回線、IP電話などで繋がらない場合)

神戸市:電話で相談する(kobe.lg.jp)(外部サイトへリンク)

kixyuukixyuuannsinnsennzenn1

kixyuukixyuuannsinnsennzenn2

 

 

お問い合わせ

消防本部救急課救急係

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る