ホーム > くらし > 人権・平和事業 > 平和事業 > 被爆樹木アオギリ二世

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

被爆樹木アオギリ二世

アオギリ二世の成長記録

平和への願いを込めて、平成29年5月に市役所東館北側緑地に植樹したアオギリ二世は、次世代へ平和の尊さを伝えるシンボルとして成長し続けています。

令和2年6月

被爆アオギリ二世の苗木も、植樹から3年が経過し、元気に育っています。戦後75年を迎え、今後も戦争のない平和な時代を願う市民の思いとともに、成長し続けていくことを願っています。

令和2年6月3日撮影

aogiri-6gatu-1 aogiri-6gatu-2

平成29年5月2日(火曜日)植樹式

戦後70年が過ぎ、後世に平和の大切さを継承していくため、本市が平成23年7月に加盟した平和首長会議から広島で被爆した樹木「アオギリ二世」の苗木をいただき、平成29年5月2日(火曜日)に市役所東館の北側緑地にて、市立精道幼稚園児の皆さんによる植樹を行ないました。
このアオギリは、昭和20年に広島に投下された原子爆弾に被爆しながらも、焼け焦げた幹から再び芽吹き、今もなお、多くの人々に、生きる勇気と希望を与え続けています。

今回、植えた苗木が大きく成長し、次世代に平和の尊さを伝えていくシンボルとして、市民の皆さまに親しまれるよう願っています。

5月2日植樹式の様子

アオギリ植樹1 アオギリ植樹2アオギリ植樹3 アオギリ植樹4

お問い合わせ

市民生活部人権・男女共生課人権推進係

電話番号:0797-38-2055

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る