ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

放課後児童支援員認定資格研修

放課後児童支援員とは

平成27年4月より全国で始まった子ども・育て支援新制度にて新たに設けられた、放課後児童クラブの指導員のための全国共通の専門資格です。
放課後児童支援員の資格は、兵庫県が行なう研修を修了することで取得できます。

放課後児童支援員認定資格研修のご案内

受講対象者

いずれかに該当し、放課後児童支援員として放課後児童健全育成事業に従事しようとする方。

1.保育士の資格を有する方。
2.社会福祉士の資格を有する方。
3.高校卒業以上で2年以上児童福祉事業に従事した方。
4.幼稚園・小学校・中学校・高校の教諭免許を有する方。
5.大学で社会福祉学等の課程を修了し卒業した方。
6.大学で社会福祉学等を専修する学科等において優秀な成績で単位を修得したことにより、大学院への入学を認められた方。
7.大学院で社会福祉学等の課程を修了し卒業した方。
8.外国の大学で社会福祉学等の課程を修了し卒業した方。
9.高校卒業以上で2年以上放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事し、市町村長が適当と認めた方。

申込方法

青少年育成課(芦屋市役所北館4階44番窓口)あてに、申込書類一式をご提出ください。

申込書類についての詳細は、兵庫県のホームページをご覧ください。
兵庫県健康福祉部少子高齢局こども政策課(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

お問い合わせ

教育委員会社会教育部青少年育成課青少年育成係

電話番号:0797-38-2110

ファクス番号:0797-38-2124

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る