ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチンについて

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

子宮頸がん予防ワクチンについて

対象年齢

接種対象者(令和3年度):平成17年4月2日から平成22年4月1日生まれ(接種時に小学校6年生~高校1年生相当の方)

接種回数

  • サーバリックス(2価ワクチン)

1か月の間隔をおいて2回接種した後、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回。

ただし、やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて1回。

  • ガーダシル(4価ワクチン)

2か月の間隔をおいて2回接種した後、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回。

ただし、やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、初回2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて1回。

ガーダシル説明書(PDF:816KB)(別ウィンドウが開きます)

費用・持ち物

  • 費用:無料
  • 持ち物:母子健康手帳

実施医療機関(個別接種)

定期予防接種実施医療機関について(子どもの予防接種)(別ウィンドウが開きます)

市が定期予防接種を委託している医療機関で実施しています。接種の際は事前にご予約をお願いします。

備考

市外で定期予防接種を受ける場合の手続きについて(子どもの予防接種)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市以外の市町村で定期予防接種を受ける場合は事前に手続きが必要ですので、ご注意ください。

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る